視力 職業 仕事

視力が必要な職業

読了までの目安時間:約 6分
パイロット

視力低下をしても、メガネやコンタクトレンズで「矯正」することで、日常生活に差し支えはないと考えている人は多いです。

しかし、一定の視力や視覚能力を満たしていないと、試験すら受けることが出来ない職業が存在します。それらの仕事に将来的に着けなくなる事は、人生の選択肢を狭める事になり、かなりのマイナスとなります。

ここでは、裸眼視力が必要な職業について紹介します。

裸眼視力が必要な職業

視力基準が設けられている職業は結構な数があります。視力が求められることが多いですが、色覚や周辺視野などの視覚能力などを要求されることもあります。

スチュワーデス(キャビン・アテンダント)

空港会社によって規定が違い、矯正視力で1.0以上である場合が多いが、エジプト航空など、コンタクト・メガネの矯正を一切認めずに、「裸眼」視力で1.0以上が要求される会社も多い。

パイロット

CAと同様、空港会社によって規定が異なるが、CA以上にコンタクト・メガネの矯正を一切認めずに、裸眼視力で1.0以上が要求される会社が多い。また、レーシックなどの矯正治療は不可。

自衛官

自衛官では、視力の他に、視器(視覚能力)が求められます。

視力

裸眼視力で両眼とも0.8以上、または矯正視力が1.0以上。また、近視矯正手術を受けていない事

視器

斜位、眼球運動、視野、調節力、夜間視力、色覚等に異常がないこと

警察官

視力が両眼とも0.6以上もしくは、矯正視力が1.0以上であり、色覚が正常であることが条件。

消防士

両眼とも視力が1.0以上であること。ただし、矯正視力で1.0以上の場合は、裸眼視力が両目で0.5以上ないと認められない。また、弁色力(色を区別する力)が完全であること。

海上・航空保安官

海上保安官

裸眼視力または矯正視力がどちらも1眼で0.6以上。

航空保安官

裸眼視力または矯正視力がどちらも1眼で1.0以上。ただし、矯正視力で1.0以上の場合は、裸眼視力が0.4以上なければならない。

プロボクサー

裸眼視力が0.5以上であること。

競艇選手

両目とも裸眼視力で0.8以上(RK、レーザーなどの近視矯正治療は認めない)

競馬選手

両眼とも裸眼(メガネ・コンタクトは不可)で0.6以上。また、全色盲または、全色弱ではないこと。

裸眼の視力を要求される仕事に就くには

現状で、裸眼視力が1.0以上ある方は問題ないと思いますが、近年は近視化が進んでおり、これらの条件を満たせない人もかなり多いと思います。

これらの人が裸眼視力の要求基準を満たすためには、視力回復を行わなくてはなりません。

視力矯正手術

レーシック手術が有名ですが、これらは角膜を削るという施術の性質上、リスクを伴います。レーシック以外の視力回復にて解説されていますので、こちらもご参照下さい。

さらに、レーシックなどの手術は20歳以上(一部のクリニックでは18歳以上)でなければ適応できない上、費用は安くなってきているとはいえ、数十万以上はかかります。

また、視力矯正手術による治療では、基準を満たしていないと判断される職業はかなり多いです。

トレーニングによる視力回復

目の仕組みや働きの理論に基づき、目をトレーニングやストレッチで鍛える事で、視力や眼の機能を本来の状態へ回復させます。

「本当に視力は回復するのか?」という疑問は多いと思いますが、最近は様々なメディアで、オプトメトリストという視力回復を専門とする方々が出演し、視力回復の効果が認識されつつあります。

治療に多少時間がかかる(1~2か月)事が欠点ですが、デメリットを補って余るメリットがあります。

矯正手術にはないメリット
  1. 費用が安い(視力矯正手術の1/10以下)
  2. 誰でも簡単に治療を行える(年齢制限が無い)
  3. 本来の目の力を自然に回復させる為、レーシックの様な後遺症がない
  4. 目を鍛える事で、今後の視力低下を防ぐ事も可能

まとめ

視力や視覚能力が要求される職業は多く、特にスチュワーデスやパイロット、自衛官や消防士等、人の安全を守る責任感の高い仕事が多いです。また、競輪選手などプロスポーツ選手も裸眼視力が要求されます。

それらの職業ではメガネなどの矯正視力だけではなく、裸眼視力が必須となります。また、レーシックなどの視力矯正手術は認められていない場合も多く、視力や視覚機能を本来の状態へ回復させることが必要になってきます。

また、悪くなった部分を放置して「矯正」で済ませてしまう方法は、どこかに歪みが発生する場合が多いです。そういった意味でも、トレーニングで目を自然の状態に戻す事がベターです。

視力や視覚機能を鍛える

視力と視覚能力を総合的にトレーニングする方法として、「楽々!視力アップマニュアル」をお勧めします。

  • 特製ツールを使った、視力を回復させる14のトレーニング
  • 動体視力や視野拡大、瞬間視といった右脳強化と視覚機能の向上

有名なプロスポーツ選手も取り入れ、TVで紹介された改善率90%以上の実績あるトレーニングで、効果の高い視力回復を実現します。さらに、動体視力などの視覚機能の向上は、運動能力が重要になる、自衛官やスポーツ選手を目指す人には、特に役立つはずです。

楽々!視力アップマニュアル詳細はこちら

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事