PRK ラセック エピレーシック デメリット

PRK ラセック エピレーシックのデメリット

読了までの目安時間:約 6分
レーザー手術

レーシック手術は、レーザーで角膜にフラップというフタを作ってから元に戻すという手順で行われる手術をいいますが、このフラップは様々なトラブルを引き起こします。

そこで、フラップを作らずにレーザの表面照射によって角膜の上皮を外すことで行う手術があります。スポーツなど激しい動きを行う人に適している方法ですが、リスクも存在します。

そんな表面照射手術(PRK、ラセック、エピレーシック)のデメリットを解説します。

PRKとは

Photorefractive keratectomyの略称であり、レーシック(角膜屈折矯正手術)の1種です。

一般的なレーシックに用いるのと同じ、精密な切開が可能なエキシマレーザーを角膜の表面にあて、一部を切除することで、角膜全体のカーブを緩やかにして屈折を矯正します。

精密なレーザー

エキシマレーザーはマイクロ(ミリの1/1000)という精密な単位で、切除の量を正確に決められるため、安全性は高いです。

目の違和感がしばらく残る

目の表面の角膜上皮をいったんはがすため、これらが再生するまで1~2週間程度、目がごろごろするなど違和感がとれません。

ラセックとは

PRKがエキシマレーザーで上皮を削るのに対して、ラセックは角膜を薄く希釈したアルコールの薬液に浸してはがれやすくしてから、角膜上皮をはがします。

その後、エキシマレーザーを照射、角膜のカーブを調節するというやり方で手術を行います。

手術を受けられる人の範囲が広い

角膜上層の薄い上皮だけを薬液ではがして手術を行う為、角膜の薄い方や強度近視の患者さんでも施術を受ける事ができるのが特徴です。

また、これらの手術では、マイクロケラトームを使用しないので、網膜に異常がある方でも手術を受ける事が可能です。

薬剤に抵抗がある

ただし、薄めているとはいえ、目にアルコールなどの薬剤を使用する事に抵抗がある人も多いです。これらを理由に敬遠する人も一定数います。

エピレーシックとは

通常のよりも薄いフラップを作ることが出来る「エピケラトーム」というレーザーで角膜の上皮にごく薄いフラップを作ってから、エキシマレーザーを照射する方法です。

フラップを作らない表面照射手術の中では、現在、もっとも一般的な方法です。

視力の回復が早い

エピレーシックでは、他の表面照射手術に比べ、視力の回復が早い(1週間程)という利点があります。

また、手術中に作るフラップがとても薄いので、ラセック同様、角膜の薄い方や、強度の近視の患者さんも手術を受けられます。

薬剤を使用しない

アルコールなどの有機薬剤を使用しない事も特徴で、ラセックなどの手術に比べてより安全といえます。

手術後に目を保護する必要があり

角膜上皮が再生するまでの間(1~2週間)は、コンタクトレンズなどで目を保護する必要があります。

表面照射手術のメリット

フラップを作らないことによって、表面照射手術ではレーシックなどに比べ、以下の恩恵を受けます。

合併症などが起きにくい

合併症はレーシック手術での大きなデメリットであり、フラップが外れることで炎症などを起こし、最悪の場合、角膜移植が必要になります。これらの可能性がかなり軽減されます。

フラップについては、リレックススマイルでも解説してありますので、こちらもご覧下さい。

ボクシング、格闘技などを行う人に適している

衝撃な外傷などに強い為、格闘技、ラグビーなどの激しいスポーツをする人に適しています。逆に言えば、これらのスポーツを行う人はレーシック手術は回避するべきです。

表面照射手術のデメリット

レーシックなどの術式に比べ、以下の欠点が存在します。

ヘイズ

これらの手術で問題となるのが、「ヘイズ(角膜上皮下混濁)」と呼ばれる白い濁りが生じるケースです。

角膜の表面にレーザーを照射する為、それが治る過程で異常なコラーゲン繊維を作り出していると考えられています。ヘイズが生じると、外から入って来た光が散乱してしまうので、強いまぶしさを感じるようになります。

ヘイズ防止の為、サングラスで紫外線を予防する、点眼薬を使用するなどの対策が必要になります。 

強い痛み

角膜の上皮をはがすという施術の特性上、手術後に強い痛みを感じる事があります。

痛みの感じ方は人それぞれですが、1~2週間、長い人では1か月程度の間、角膜上皮が再生するまで強い痛みや、違和感がとれません。

高いコスト

クリニックにもよりますが、レーシックに比べ、費用が2~3倍(20~35万)程度かかります。

おわりに

PRK、ラセック、エピレーシックなどの表面照射手術は、フラップを作らない為、衝撃や外傷に強く、激しい運動を行うスポーツ選手に適しています。

しかし、強い痛みや、高い費用などのデメリットがあり、レーシックの様に手軽に早く治るメリットはありません。さらに、レーザー矯正特有の角膜が再生不可能になるリスク(レーシック難民)も存在します。

近視矯正術はそれぞれメリット・デメリットがあり、一長一短です。自身に適した方法を選択する為の、正しい知識・理解が大切になるのです。

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事