リレックススマイル デメリット

リレックススマイルのデメリット

読了までの目安時間:約 5分
フェムトレーザ

レーシックに代わって有望と言われて注目されているレーザー治療法が「リレックス・スマイル」と呼ばれる手術で、レーシックと表面照射手術の両方の長所を併せ持ったレーザ手術です。

レーシック、PRKやラセックなどの表面照射手術に比べ、メリットも多いですが、リスクも存在します。

そのような、リレックススマイルのデメリットについて解説します。

リレックススマイルのメリット

リレックススマイルの長所としては、以下の3点を挙げる事が出来ます。

  1. 手術時間が短く、痛みもほとんどない
  2. 神経の損傷が少なく、術後ドライアイになりにくい
  3. 外傷や衝撃に強く、炎症の心配が少ない

フラップを作らない

通常レーシック手術ではマイクロケラトームというカンナのような器具を使い、レーザーでフラップを作り、その下の角膜をエキシマレーザで削って屈折の矯正を行います。これに対して、リレックススマイルではフラップを作りません。

フラップのリスク

フラップとは、レーザーで角膜に切り込みを入れた後にする薄いフタの様なものですが、このフラップがレーシック手術の大きなデメリットの一つです。

角膜というのは、1回切ってしまうと2度とくっつくことはなく、再度フタ(フラップ)をしたとしても、それはただのせているだけにすぎません。この為、レーシック手術をした目には、「フリーフラップ」といって、フラップが外れてしまう合併症が存在します。

外傷や衝撃に弱い

手術後に外傷や強い衝撃を受けると、フラップがずれて傷口から炎症を起こします。さらに、一旦フラップが外れたりずれたりしてしまうと、見え方に異常が発生し、最悪の場合は角膜移植が必要になります。その為に、格闘技や激しい運動を行う方は、レーシック手術を回避するべきだと言えます。

この点において、リレックススマイルはフラップを作らない為、外傷や衝撃に強く、炎症を起こす可能性も少ないと言えます。

高精度のレーザによる恩恵

リレックススマイルでは、高精度フェムトセカンドレーザの1種類だけで手術を行います。その為、手術時間が短く、痛みもほどんどありません。これは、PRKやラセックなどの表面照射手術にはないメリットです。

さらに、フェムトセカンドレーザは非常に高精度で、1000分の1ミリ単位の切開が可能な為、角膜の切開量が少なくて済みます。この為に神経の損傷が少なく、術後のドライアイなどが起こしにくいです。ドライアイについては、市販目薬の視力回復への効果にて詳しく解説してありますので、こちらもご参照ください。

リレックススマイルのデメリット

リレックススマイルの短所としては、以下の4点を挙げる事が出来ます。

  1. 手術実績が少ない為、未知数のリスクが存在する
  2. 角膜を削ることにより、やり直しがきかないリスクがある
  3. 費用が高額 (レーシックに比べて4倍以上(両目で40万円程))
  4. 視力回復のスピードが若干遅い(1週間程かかる可能性あり)

良くも悪くも新技術

リレックススマイルは最新の手術法であり、手術実績が少ないです。その為、厳密なリスクの検証を進めていく必要があり、まだ未知数のリスクが存在する可能性があります。

また、精度の高いフェムトセカンドレーザーを用いる為に、費用が高額です。クリニックにもよりますが、通常で片目で20万程度、両目で40万程かかります。これはレーシックと比べると4倍以上です。

角膜が復元不能になるリスク

レーザー視力矯正法における最大のデメリットといえるものです。角膜そのものを削ってしまう為、万が一トラブルが発生した場合でも、元の状態に戻すことができない為、代替の策がとりにくくなります。

将来、白内障や老眼などで眼内レンズを入れようとした場合にも、正確な度を合わせられずに視力が回復しないといったトラブルが発生する可能性があります。レーシックでの視力矯正にて補足してありますので、こちらもご覧下さい。

おわりに

リレックススマイルでの視力矯正は、レーシックと表面照射手術の長所を併せ持つレーザ視力矯正手術です。手術時間が短く、痛みもほとんどない上に、術後のドライアイが起きにくいなどメリットは多いです。

しかし、高額の費用や角膜の問題など無視できないデメリットも多く存在します。特に、角膜が復元できないリスクは後でどれだけお金を払っても、戻す事が出来ないので、慎重に検討する必要があります。

レーザによる治療法はそれぞれメリット・デメリットがあり、一長一短です。大事な目の矯正法を選ぶときには、失敗によるリスク等も考えて、「有名な方法だから」や「他の皆もやっている」などと言った理由で選ばないよう、しっかりと知識を身に着ける事が大切です。

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事