視力回復

一日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法
一日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法

優れたパフォーマンスとサポート体制

価格と内容が高いレベルでまとまった、優良視力回復教材です。 2017年4月より、3年間の無料サポート、人数制限なしとサポート体制が格段に強化され、価格・サポート両方に優れた視力回復トレーニング法となりました。

180日間返金保証(12,000円)付き でトレーニング内容も充実しており、1日13分で行えるという継続性の良さも高評価です。

楽々!視力アップマニュアル
楽々!視力アップマニュアル

0.1からの視力回復法!

強力なサポート体制とサポート延長を含む安全保障に加え、180日間返金保証(12,800円)付きです。 子供でも楽しく行えるよう工夫がされており、高い意欲をもってトレーニングが行えます。

「一日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法」のサポート体制がかなり強化された為、相対的に順位を下げましたが、優れたトレーニング法であることに違いはありません。

近視改善で視力回復!自宅で出来る~今野式近視改善エクササイズ
今野式近視改善エクササイズ

酸素療法を取り入れた独自視力回復法

30日間の無制限サポートに、180日以内の返金保証付きです。トレーニング自体まとまった良い物ですが、持続性に多少難ありか。自分で努力してトレーニング出来る人にお勧め。

メガネをかけないで済む3つの方法

読了までの目安時間:約 4分
メガネのデメリット

メガネは最も有名な視力矯正法ですが、日常生活でも湯気で見えなくなるなど弊害は様々です。

自分に合っていないメガネを使用する事で、頭痛や目の疲れが増加し、なにより視力の低下の症状を起こす可能性があります。

そんなメガネのデメリットと、メガネをかけずに済む3つの方法を紹介します。

» この記事の続きを読む


レーシック以外の視力回復

読了までの目安時間:約 6分
レーシックは不要

サッカーの本田圭佑選手などの有名人が手術を受けたことで、手術が簡単で視力の回復も早いと一般的になりつつあるレーシックですが、様々なデメリットが存在します。

特に、手術後、目や体に様々な異常が発生しても、それらに対する適切な治療を受けることができない、いわゆるレーシック難民と呼ばれる方々が後を絶ちません。

ここでは、そんなデメリットが多いレーシック以外の、子供も実践できる視力回復法について紹介します。

» この記事の続きを読む


おすすめの視力回復トレーニング

読了までの目安時間:約 6分
視力の向上

視力回復に対して、効果を疑問視する声は多いですが、適切な方法で行えば視力の回復は可能です。

最近では様々なメディアで、著名なオプトメトリストという視力能力の向上を専門とする方々により、視力回復トレーニングによる有効性が証明されつつあります。

ここでは、効果が実証されている、おすすめの視力回復法について紹介します。

» この記事の続きを読む


飛蚊症と網膜剥離の違い

読了までの目安時間:約 6分
飛蚊症

「飛蚊症」は中高年の人に多い症状で、小さな黒い点や糸くずのようなものが飛んでいるように見えることから、こう呼ばれています。

これらは老化による症状の場合が多く、病気ではありませんが、高校生などの若者が急に飛蚊症に発病した場合、網膜剥離などの怖い目の病気の可能性もあります。

飛蚊症と、視力低下や視野欠損などのリスクがある網膜剥離の違い、治療法などについて解説します。

» この記事の続きを読む


田中謹也さんの視力回復法

読了までの目安時間:約 5分
田中謹也

「メガネはかけさせたくない」と考える親御さんは多いです。しかし、その為の方法が分からないと嘆く人が非常に多いのが現状です。

眼科医の先生が視力回復を否定する一方、目がよくなる目薬や視力訓練機器など、視力の向上を謳った情報があふれていますが、効果がないものがほとんどです。

そんな現状を打破し、正しい近視治療に関する知識を伝えるべく、視力回復のスペシャリストである田中謹也さんが製作された回復法が、「1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法」です。

» この記事の続きを読む


厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事