視力回復

一日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法
一日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法

優れたパフォーマンスとサポート体制

価格と内容が高いレベルでまとまった、優良視力回復教材です。 2017年4月より、3年間の無料サポート、人数制限なしとサポート体制が格段に強化され、価格・サポート両方に優れた視力回復トレーニング法となりました。

180日間返金保証(12,000円)付き でトレーニング内容も充実しており、1日13分で行えるという継続性の良さも高評価です。

楽々!視力アップマニュアル
楽々!視力アップマニュアル

0.1からの視力回復法!

強力なサポート体制とサポート延長を含む安全保障に加え、180日間返金保証(12,800円)付きです。 子供でも楽しく行えるよう工夫がされており、高い意欲をもってトレーニングが行えます。

「一日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法」のサポート体制がかなり強化された為、相対的に順位を下げましたが、優れたトレーニング法であることに違いはありません。

近視改善で視力回復!自宅で出来る~今野式近視改善エクササイズ
今野式近視改善エクササイズ

酸素療法を取り入れた独自視力回復法

30日間の無制限サポートに、180日以内の返金保証付きです。トレーニング自体まとまった良い物ですが、持続性に多少難ありか。自分で努力してトレーニング出来る人にお勧め。

PRK ラセック エピレーシックのデメリット

読了までの目安時間:約 6分
レーザー手術

レーシック手術は、レーザーで角膜にフラップというフタを作ってから元に戻すという手順で行われる手術をいいますが、このフラップは様々なトラブルを引き起こします。

そこで、フラップを作らずにレーザの表面照射によって角膜の上皮を外すことで行う手術があります。スポーツなど激しい動きを行う人に適している方法ですが、リスクも存在します。

そんな表面照射手術(PRK、ラセック、エピレーシック)のデメリットを解説します。

» この記事の続きを読む


糖尿病網膜症の症状と治療法

読了までの目安時間:約 7分
糖尿病

生活習慣病のひとつとして、様々な合併症を起こすやっかいな病気が糖尿病です。そして、糖尿病は目にも深刻な症状を引き起こします。

実は、全糖尿病患者の5人に1人が病状の悪化により失明もしくは失明寸前の状態になっているのです。

このような糖尿病が引き起こす、失明率やリスクの高い糖尿病網膜症の症状と治療法について解説します。

» この記事の続きを読む


網膜の構造や役割

読了までの目安時間:約 4分
カメラのフィルム

眼球は光を取り込むためのセンサーの役割をしており、そこからキャッチした情報を脳へ送信することで、物を認識します。

そして、眼球の重要な働きとして、光として入ってくる外からの情報を、ディスプレイに投影するように網膜上に映し出す機能があります。網膜上に像が映らない限り、私たちは何も見えません。

そのような物の見え方に重要な意味を持つ、網膜の仕組みや役割について解説します。

» この記事の続きを読む


視力回復へのツボの効果

読了までの目安時間:約 4分
ツボのマッサージ

人間の眼は、器質的な病気が無い限り、丁寧なケアを心がければ一生の間、ものを見続ける事が出来ます。そして、目に限った話ではありませんが、眼筋(目の筋肉)は適度に動かす事で鍛えることが可能です。

東洋医学で有名なツボ押しにより、眼からだけではなく、体全体からのアプローチにより、体を十分にリラックスさせて、目の機能や筋肉を活性化させる方法があります。

ツボによるマッサージは、視力回復に対して効果があるのでしょうか。

» この記事の続きを読む


視力が必要な職業

読了までの目安時間:約 6分
パイロット

視力低下をしても、メガネやコンタクトレンズで「矯正」することで、日常生活に差し支えはないと考えている人は多いです。

しかし、一定の視力や視覚能力を満たしていないと、試験すら受けることが出来ない職業が存在します。それらの仕事に将来的に着けなくなる事は、人生の選択肢を狭める事になり、かなりのマイナスとなります。

ここでは、裸眼視力が必要な職業について紹介します。

» この記事の続きを読む


厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事