子供 視力低下 原因

子供の視力低下の原因

読了までの目安時間:約 5分
携帯ゲーム

近年の携帯ゲームやパソコン、タブレットなどの普及により、子供の視力低下が急増しています。

その結果、中高生では全体の60%、小学生以下でも30%以上の子供が視力1.0未満という状況にあり、さらに割合は増加傾向にあります。

なぜ、携帯ゲーム機等の情報機器が子供の視力低下を起こす原因となるのかを解説していきます。

視力低下の原因

視力低下を起こす原因は、以下の2点が主な要因となります。

  1. 毛様体筋(ピント合せ用の筋肉)が近点作業により衰退、ピント調整機能が低下
  2. 6本の眼筋が運動不足になり、眼軸が伸びることで、ピントが合わなくなる

ピントが合わないと視力低下する原理については、屈折異常による症状をご参照下さい。

携帯ゲーム機が視力低下を起こす原因

携帯ゲーム機は、近年の子どもの視力低下の1番の原因となっています。

ニンテンドーDSやPS Vitaなどの携帯ゲーム機器は、全て小さな画面を見てプレイを行います。この小さな画面が問題で、この様な画面を凝視することで、視力低下を引き起こします。

小さな画面を見続けていると、眼球を動かす事が無くなり、近い距離で一点を見つめる事(近点作業)になりますので、毛様体筋が硬直し、水晶体の厚み調節機能(ピント調整機能)が低下します。

さらに、この状態を続けると、眼筋が運動不足となり、眼軸が伸びる事で、ピントが合わなくなります。

パソコンやタブレットも同様で、近点作業を続けることがこれらの症状を起こす要因となります。

目の発育への悪影響

私たち人間の眼は、乳幼児期は眼球が育っておらず、遠視の状態です。それが、体の成長と共に眼球も大きくなって、眼軸が伸びてきて網膜上にきちんとピントが合うようになります。

目の完成期は、だいたい6歳前後と言われており、これより前に携帯ゲーム機器で、長時間ゲームを行うことは、目の発育を妨げ、視力低下や様々な目の障害が発症します。

両眼視機能の低下

ゲームなど平面的な物ばかりを見ていると、遠近感や立体感、空間把握などの機能が低下します。これらによって、奥行き感が鈍ったり、遠近の見切りといった運動能力が低下します。

さらに、左右の眼の両眼視・融像視といった両眼視機能が低下し、片目だけ急激な視力低下を起こし、左右の不同視を引き起こす場合もあります。不同視の原因と治療も合わせてお読み下さい。

子供の視力低下の兆候

視力低下の最も大きな原因は、毛様体筋の過度の緊張によって眼の調節機能が緊張状態となり、一時的に固まってしまう、「ピントフリーズ」と呼ばれる現象です。これが常態化すると、視力低下が進行します。

これらは親御さんが気づかない限り、子供の方から違和感を訴える事はほぼありません。痛みはありませんし、親にゲームやテレビを見るのを止めるように言われるのを恐れる為です。

お子さんが以下の様な仕草をしていたら、注意が必要です。

  1. テレビに近付いて見るようになった
  2. 瞬きが少なくなった
  3. 眼を細める事が多くなった
  4. 目を見開いて作業をしている
  5. 目をショボショボさせることがある
  6. 目を動かさずに顔を左右にむける

視力低下しない正しいゲームの遊び方

現在社会でお子さんがゲームを全くせずに生活するというのは難しいと思います。そこで、子供がゲームをプレイする際、以下の3点を守らせて下さい。

  1. 30分ゲームをしたら、30秒、目を休める(まばたきをする)
  2. 読書の時と同じ正しい姿勢でプレイする(眼から30cm距離を離す)
  3. ゲームは暗い場所で行わず、明るい場所でプレイする

これらに注意することで、視力低下をかなり抑えることが可能です。

おわりに

近年の社会の情報化は著しく、携帯ゲームや、パソコンなどを使用しないで生活するのは不可能になりつつあります。また、勉強のツールとしてタブレットなどが採用されている学校もあります。

これらに対しての眼の知識や対策がなければ、子供たちの健全な視力奪う事になります。子供が視力低下の兆候を見せたら、放置せずに防ぐ対策を実施するようにして下さい。

子供の視力回復方法にて視力低下予防のトレーニング方法を紹介していますので、参考にして下さい。

小学生の30%以上が視力低下している今、その先にある将来的な眼病リスクを抑える為にも、視力低下に対して真剣に対策を行う必要があるのではないでしょうか。

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事