メガネ かけない

メガネをかけないで済む3つの方法

読了までの目安時間:約 4分
メガネのデメリット

メガネは最も有名な視力矯正法ですが、日常生活でも湯気で見えなくなるなど弊害は様々です。

自分に合っていないメガネを使用する事で、頭痛や目の疲れが増加し、なにより視力の低下の症状を起こす可能性があります。

そんなメガネのデメリットと、メガネをかけずに済む3つの方法を紹介します。

メガネのデメリット

メガネを使用することにより、以下4点を大きなデメリットとして挙げる事が出来ます。視力回復にはメガネを外すべき?もご一読下さい。

  • 過矯正の状態でいると網膜が後退し、近視が進行する可能性がある
  • 激しいスポーツ(サッカーなど)や様々な行動に制限が出る
  • 頭痛や網膜に違和感を覚えるなどの不快感が発生する
  • 眼精疲労による様々な悪影響

その他にも、フレームの印象が顔に強く表れる為、「自分には似合わない」といったコーデ上の問題(難しさ)も存在します。

メガネをかけずに済む3つの方法

メガネ以外にも視力を矯正または回復する方法は主に3つあり、それぞれ、長所と短所があります。それらについて比較します。

レーシックなどの視力矯正法

一番有名な方法はレーシック手術になります。しかし、レーシックは角膜を削るという施術の性質上、様々がリスクがあります。オルソケラトロジー、フェイキックIOL、リレックススマイルなども、費用が高額などデメリットも多いです。視力矯正の項目もご参照下さい。

メリット
  1. 治療時間が短い(ただし、フェイキックIOLはレンズの選定に時間がかかる)
  2. 外見を気にする必要がなくなる
デメリット
  1. 一番安いレーシックでも数十万の費用がかかる(その他は40万以上)
  2. 手術後の不快症状
  3. 白内障などを併発するリスクがある

コンタクト

基本的に、眼鏡の代わりにコンタクトレンズを使用する事はお勧めしません。メガネのデメリットはそのままに、感染症などの様々な問題が発生するからです。コンタクトのデメリットコンタクトのつけっぱなしは危険!もご参照下さい。

メリット
  1. 外見を気にする必要がなくなる
  2. メガネよりは、視野が広くなる
デメリット
  1. 眼鏡のデメリットがそのまま残る
  2. 通常使用されるソフトタイプでは、メガネより費用がかかる
  3. 角膜の感染症による合併症
  4. 角膜を傷つけるリスク
  5. 目の栄養不足により、最悪の場合は失明に至るリスクがある

トレーニング

目の仕組みや働き、視力についての知識に基づき、目をトレーニングやストレッチで鍛える事で、視力や視力機能を向上することを目的とします。

最近は様々なメディアで、オプトメトリストという視力回復を専門とする方々が出演し、視力回復の効果が認識されつつあり、注目されています。

メリット
  1. 費用が安い(2万以下) (ちなみに、メガネの生涯費用は50万程)
  2. 外見を気にする必要がなくなる
  3. トレーニングにより、本来の目の力を治療する為、後遺症などがない
  4. 目を鍛える事で、今後の視力低下を防ぐ事も可能
デメリット
  1. 治療時間が多少長い(1~2か月程)

まとめ

メガネには眼が疲れるなど様々なデメリットがあり、使用したくないと考えている人は多いです。ただ、メガネをかけないで済む方法にも一長一短があり、どれを選ぶかは個人の自由です。(繰り返しますが、コンタクトの使用はお勧めできません)

ただ、他の体の部分と同じように、悪くなった部分を放置して「矯正」で済ませてしまう方法は、やはりどこかに歪みが発生すると考えます。

そういった意味でも、目の筋肉をしっかりとトレーニングにて鍛えて、自然な状態で目を「回復」させてやる事がベターではないでしょうか。

効果の高い視力回復トレーニング

トレーニング実践を考えている方には、「一日たった13分の視力アップ法」と「楽々!視力アップマニュアル」をお勧めします。両手法とも優れた視力回復トレーニングです。それぞれ特徴がありますので、以下を参考に自分に合う方法を選択頂ければと思います。

楽々!視力アップマニュアルと一日13分の視力アップ法比較

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事