緑内障とは 原因 症状

緑内障とは~原因と症状~

読了までの目安時間:約 5分
緑内障とは

緑内障とは、視野が狭くなったり、欠けてくる病気です。基本的には10年、20年と長い年月をかけて進行する為、初期段階ではほとんどの場合、自覚症状はありません。

しかし、この病気を放置していると視野の欠損が広がり、最終的には失明につながる危険もあります。この様な重大な病気である緑内障の原因はどのような物であり、また、どのような症状が発症するのでしょうか。

緑内障とは

白内障と並んで目の病気として良く耳にするのが「緑内障」ではないでしょうか。

病状が進行し、視野が狭くなった際には失明に至る危険な病気です。近年の調査では、糖尿病網膜症を抜いて失明原因の第1位になっているほどです。

また、40歳以上の日本人における緑内障の発病率が5%もあるという調査結果が出ています。つまり、40歳以上の20人に1人は緑内障であるということです。

緑内障の症状

眼圧の上昇によって視神経が侵されることで、視野が狭くなる症状が現れます。

眼球中の「適度な張り」である眼圧は15mmHg前後ですが、緑内障になると、20mmHgを超えることが多くなります。眼圧内部からの高い圧力で視神経が圧迫され、視野が狭くなっていると考えられています。

初期症状

部分的に見えないところが発生しますが、両目で見ているためこの段階では気づきにくいです。自覚症状はほとんどありません。

中期症状

視野の上半分程度が半円を描くように見えなくなります。この段階までくると自覚症状が現れます。

後期症状

視野のほとんどが見えなくなります。ドーナツの様に中心だけが見える状態です。

この段階までくるとほとんどの人が異常に気付きます。このまま放置すると失明の危険もあるので、早急に治療の必要があります。

緑内障の原因

緑内障はの発症メカニズムや、直接の原因は様々なものがあります。

閉塞隅角緑内障

私たちの目には角膜と水晶体の間にある「房水」が絶えず生成され、それが排出されてバランスを保っています。この排水口である、「隅角」という部分を虹彩が塞いでしまい、排水がうまくいかなくなる時があります。そのような状態になると房水が溜り、眼圧が上がることで緑内障を引き起こします。

続発性緑内障

目のケガや病気が原因で緑内障が発生する場合もあります。目に強い衝撃を受けるなどして前房隅角が傷つき、眼圧が上昇して視神経に障害を与えたり、病気の影響などによって発病する可能性もあります。

先天性緑内障

もともと隅角の発育に異常がある為、眼圧が高くなって症状を引き起こす場合があります。

その中でも特に、隅角の発育異常が生まれつきではなく、青年期以降に現れる物を特に、「発達性緑内障」と呼んで区別しています。

近視により緑内障が発症する

近視の人の緑内障発生率は正視の人と比べて2倍以上と言われています。また、発症年齢も近視ではない人より若くから起こります。

近視の人は緑内障になるリスクが高いです。これは視神経の構造が脆弱なせいだと言われています。近視眼では緑内障診断が難しく、また近視性緑内障にはまだ十分わかっていない点があり、視野に異常が見られなくても加齢に伴って視野障害が進行する可能性を念頭に置く必要があります。

メガネやコンタクト、レーシック手術といった「視力矯正」ではこれらのリスクを低減することは出来ません。視野を広く使い、目を動かすなどして外眼筋に刺激を加えるなどのトレーニングや体操等で目の働きを良くすることでリスクが軽減出来ます。

お勧めのトレーニングとして、「楽々!視力アップマニュアル」があります。 眼のストレッチ法以外にもプロの検眼法なども取得できます。また、ゲーム感覚で楽しんでできるトレーニングですので、簡単に継続して実践することが出来るのも特徴です。

詳しくは楽々!視力アップマニュアルの効果をご参照ください。

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事