視力回復 方法 0.1以下

0.1以下から視力回復方法

読了までの目安時間:約 4分
0.1以下の視力回復方法

裸眼視力が0.1まで悪化すると、お風呂やプールでも眼鏡がないと歩けないほどの状態になります。ここまで悪化すると普通の人に比べ緑内障の発症率は「普通の人の2倍あるとも言われています。

0.1からでも視力回復は可能ですが、視力回復のためには、その人に合わせた必要なトレーニング方法や日常生活での眼の使い方、休め方などを専門家にアドバイスを受け、実際に視力アップのトレーニングを行う必要が出てきます。

トレーニング以外の視力矯正法

トレーニング以外でも視力を0.1から矯正(回復ではない)する方法もあります。(ただし、強度近視の方は手術前検査で矯正を受けられない場合もあります)

一番有名な方法はレーシック手術になると思いますが、レーシックは角膜を削るという施術の性質上、様々がリスクがあります。

  1. 白内障が進行するリスク
  2. 角膜が復元不能になるリスク
  3. 手術後の不快症状(ドライアイ等)

特に、手術後の見え方や、ドライアイなどの症状は、どんな名医が手術しても、100%避けることは出来ません。これらのリスクを踏まえた上で、安易に「簡単」で「早く治る」などの理由だけでレーシック手術を受けない事をお勧めします。

詳細はレーシックでの視力矯正をご参照下さい。

視力回復トレーニングの効果

基本的に視力回復トレーニングは早期に行うほど効果が高いです。また、比較的軽度の近視に対しては、効果が出やすく、早期に回復しやすいです。

ただし、0.2以下まで視力低下がしている場合、通常のトレーニング30回(平均1か月)で、0.8以上まで回復した割合は48.8%、視力0.1になると半減し、24.1%まで低下します。

このように0.1まで視力が低下してしまうと、回復は難しくなってしまいます。その為、なかなか視力が回復せず途中でトレーニングを止めてしまう人が多いです。

しかし、ここであきらめてしまえば当然ながら視力は100%回復しません。

継続は力なり

0.1まで低下した視力を回復するのはある程度の時間が必要な為、トレーニングをサボることなく続ける必要があります。

そうは言っても実際に1か月以上ものトレーニング継続を一人で行うものは精神的にも辛いものがあります。眼科等の先生にも「視力は回復しない!」と言われる方もいると思いますし、そのような環境で不安を持つ方も多いと思います。 

ですので、冒頭でも述べたとおり視力回復の専門家に適切なアドバイスを受け、「治る」という自信を持ってトレーニングを継続していくことが重要です。

楽々!視力アップマニュアル

では専門家にアドバイスを受け、しっかりとトレーニングを継続できる方法はどのようなものがあるかというと、「楽々!視力アップマニュアル」がお勧めです。

10~15分間のトレーニングを3か月しっかりと続けることで、0.1から0.8まで回復した実績があります。(1か月程で効果がでる人も大勢います)

個別カウンセリングにより、1人1人に合わせた特別のトレーニングメニューをアドバイス頂ける為、塾やクラブ活動、仕事等で忙しくても隙間の数分で行えるます。

また、これらのトレーニングは、子供でも楽しんで出来るようにイラストで解説したり、工夫を施しています。ゲーム感覚で楽しんでできるトレーニングですので、簡単に継続して実践することが出来るのも特徴です。

楽々!視力アップマニュアルの詳細はこちら

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事