子供の視力回復方法

子供の視力回復方法

読了までの目安時間:約 4分
子供の視力回復方法

現在の日本では、3人に1人が近視と言われており、しかもその傾向は年々強まっています。

特に小さな子供の間でその傾向が強く、文部科学省の統計調査報告書によると、視力が1.0未満の小学生は30%以上に到達したと報告がありました。さらに、就学前の幼稚園児でさえ、25%が1.0未満という事実も報告されています。

基本的に視力回復トレーニングは早期に行うほど効果が高いです。その為、子供の内にこれらの方法を実践しておく方がよいです。

本をひっくり返して読む

自宅での視力回復トレーニングでもいくつかトレーニングを紹介しましたが、これらは「毛様体筋」という目の筋肉をストレッチするものです。

視力低下の初期の段階はとは、ピントを合わせることが出来なくなる状態です。この為、遠くのものがぼやけて見えます。 この状態は、目のレンズ(水晶体)の厚さを調節する筋肉が緊張し、凝り固まってしまうことにより起こります。

こうしたトレーニングによって、硬くなった毛様体筋のコリがほぐれれば、水晶体が元の状態に戻り、遠くが良く見えるようになるというわけです。

本をひっくり返して読むトレーニング方法

本をひっくり返す方法

本を上下逆さまにした状態で、文章の頭から終わりへ読んでいきます。(左図の様にタテ書きの場合、左ページの下から読み始める)

すると、タテ書きの場合であれば、目は「下から上」へ、ヨコ書きの場合は、「右から左」へ目を動かすことになります。

トレーニングを行う際の注意点
  • 本は当然読みずらいが、内容が頭に入らなくても気にしない
  • 普段使わない目の筋肉を使っていると意識してトレーニングをする

これらを意識することで、目だけでなく、頭痛や肩こりといった体の不調も改善します。また、脳を刺激することで記憶力アップにもつながります。

寝るだけ「口テープ法」

私たちは起きて活動している間は交感神経、寝ている間は副交感神経がそれぞれ優位な状態を交互に繰り返してバランスを保っています。

ですので、寝ている間に体がゆるまないと、体は一日中緊張が続いてしまい、それが様々な病気の出現につながります。

これは目も同様で寝ている間に凝り固まった毛様体の筋肉や眼球全体の筋肉もうまく休ませてやる必要があります。この為の方法が「口テープ法」です。

口テープ法のトレーニング方法

これらのトレーニングは単純で、「口にテープを貼って寝るだけ」です。テープは皮膚の弱い子供には、医療用の肌に優しいものを推奨致します。 

やり方は単純ですが、健康に良い効果があります。寝ている間に十分体がゆるんで、朝の視力変化を実感できます。

口テープ法のメリット

口テープ法を行うと目の健康以外にも、以下のような症状に効果が期待できます。

  • 朝目覚めた時、のどが痛い、口臭が強い
  • いびきをかく、または歯ぎしりをする
  • 普段から慢性的な疲労感が強い

他にも鼻がつまりやすい子供にも有効です。

継続出来るトレーニングの重要性

今回紹介した方法は、子供の近視を進行させない為のトレーニングが中心です。

視力低下を予防するトレーニングは様々なものがありますが、ただ単に「目に良いから」と進められていやいや行う消極的な動きより、自らの意志で、積極的に目を使うことが重要です。

これは、視力を回復させるトレーニングに関しても同様で、効果の良し悪しはこのような「やる気」と関連が深いと考えます。勉強でも同じですが、「積極的」になれるかどうかで同じ時間を費やしても効果が大きく異なることは間違いないです。

「1日たった13分の視力アップ法」のトレーニングは、子供でも簡単に実践出来るように音楽でサポートしたり、「やる気」を出すための工夫が施しています。

視力低下を予防するだけではなく、「視力を回復する」為の方法を検討している方は下記ページも参考にして頂ければと思います。

1日たった13分の視力アップ法 詳細レビュー

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事