視力回復 ツボ

視力回復へのツボの効果

読了までの目安時間:約 4分
ツボのマッサージ

人間の眼は、器質的な病気が無い限り、丁寧なケアを心がければ一生の間、ものを見続ける事が出来ます。そして、目に限った話ではありませんが、眼筋(目の筋肉)は適度に動かす事で鍛えることが可能です。

東洋医学で有名なツボ押しにより、眼からだけではなく、体全体からのアプローチにより、体を十分にリラックスさせて、目の機能や筋肉を活性化させる方法があります。

ツボによるマッサージは、視力回復に対して効果があるのでしょうか。

ルーの三原則

ドイツの動物学者、ウィルヘルム・ルーがある理論を唱えました。

  1. 使わなければ退化する
  2. 使いすぎたら壊れる
  3. 適度に使えば発達する

この法則は、目に関連する筋肉にも当てはまります。使わなくても退化しますが、使い過ぎは厳禁です。「適切」な運動により発達した筋肉は、疲れにくく、正常な状態を保ち続けます。

目の健康を守る

スポーツをする前には、軽いストレッチを行い、筋肉をほぐします。それと同じく、眼をきょろきょろさせて上下左右を見る事を繰り返すことで、目の筋肉をほどよく動かす事ができ、緊張をほぐしてくれます。

目の健康を守るために、自分から具体的な行動をとることが大切です。ちょっと意識をするだけで、眼に対する負荷を軽減する事が出来ます。

ストレッチの有用性については、楽々!視力アップマニュアルのレビューもご参照下さい。

つぼによる治療法

目の周りなどを指圧する方法が有名です。マッサージによる血行促進を目的とします。針や機器を使うものや、整体術を応用したものなども存在します。

他にも、後頭部(風池)、手(合谷)、首(天柱)、足などのツボを刺激する方法も有名です。

目のつぼマッサージ法

古くから行われている治療法で、体操法とも呼ばれています。特に、視力のかすみや、疲れ目には即効性があります。

目のまわりのつぼを押すことで刺激を与え、目の周囲の血液循環が良くなり、毛様体筋などの眼筋の緊張をほぐし、視力低下の予防になります。刺激するツボは以下の4ヵ所が主要になります。

  1. 眉頭を指圧
  2. 鼻の付け根を指圧
  3. 頬の中心部を指圧
  4. 目の周囲を指圧

気持ちよいと感じる場所を押すだけでも効果的

大抵の人は、眼の疲れを感じた時に、眉間を押さえる事が多いです。ここには眼球の周りを這う12対ある脳神経の三叉神経があります。その場所を無意識で刺激しているのです。

三叉神経(さんさしんけい、英:trigeminal nerve)は、12対ある脳神経の一つであり、第V脳神経(CN V)とも呼ばれる。

三叉とはこの神経が眼神経(V1)、上顎神経(V2)、下顎神経(V3)の三神経に分かれることに由来する。体性運動性と知覚性の混合神経であり、脳神経の中で最大の神経である。

そのような「押すと気持ちよいと感じる場所」をマッサージするだけでも。筋肉を程よく弛緩させ、眼精疲労を防ぎ、眼に良い影響を与える事ができるのです。

視力回復への効果

ツボによる治療法の効能をまとめると以下の通りです。

  • マッサージによる血行促進で眼筋の緊張をほぐし、眼精疲労・視力低下を予防する
  • ツボの強い刺激は厳禁であり、「適切」な刺激で行うことが重要

残念ながら、ツボ治療だけでは視力回復への効果は高くありません。しかし、マッサージにより目を十分にリラックスさせ、眼の機能を活性化することで、「視力回復トレーニングをサポート」します。

ツボによる治療だけではなく、視力回復のトレーニングを併せて行うことで、効率的な視力回復を実現できるのです。

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事