視力回復 本当 可能

視力回復は本当に可能か

読了までの目安時間:約 7分
視力検査表

「視力は回復するのか」という疑問は多いと思いますが、結論からいいますと視力回復は可能です。

ただし、その為にはそれぞれの環境に応じた、正しい方法でトレーニングを行う必要があります。「視力は回復しない」と言う人は間違った方法や、実態に合っていないトレーニングを実践しているのです。

ここでは、本当に視力回復することが可能な方法について解説していきます。

視力1.0以上の人

視力検査はA判定です。見え方に問題はありません。しかし、近年はパソコンやスマホなどディスプレイに向かって作業をする機会が飛躍的に増えています。こうしたディスプレイでの長時間作業は急激な視力低下を引き起こします

VDT症候群の症状と予防を参考に、目に優しい日常生活を送って、今の視力を維持するように努めて下さい。

視力0.8から0.9の人

視力検査ではB判定の人が該当します。眼鏡をかける視力の程度は?にて解説してありますが、0.8程度の視力は正常(正視)状態であると言える為、厳密には治療は必要ありません。ただし、視力低下しつつある状況ですので、視力を落とさないトレーニングは必要になります。

また、この段階でメガネを使用する人も多くいると思いますが、止めて下さい。通常の生活においては、視力2.0といった過剰な視力は必要ありません。目に余計な負担をかけ、眼精疲労を起こし、「頭が痛い」や「目が疲れる」などといった症状が現れます。

メガネ等による過矯正は、視力低下の症状まで引き起こします。詳しくはメガネの度数の見方をご参照下さい。

視力を維持するトレーニング

この段階では視力回復というよりも、視力を維持するトレーニングを行う必要があります。

  • 1日5分間指先を見る
  • 遠くの1点を凝視する
  • 本をひっくり返して読む
  • 寝るだけ「口テープ法」

これらの方法は、自宅での視力回復トレーニング子供の視力回復方法などで詳しく紹介されていますが、簡単で継続しやすいものばかりです。視力低下を防ぐ為に、しっかり実践するようにして下さい。

視力0.3から0.7の人

視力検査ではぎりぎりB、もしくはC判定が該当します。この段階になると子供の場合、後ろの席だと黒板の字が見えない状態になっています。

早期トレーニングの重要性

0.7前後の視力があれば、視力回復トレーニングを行えば98%以上視力は回復します。ただ、この状態で眼科の先生は「少し様子を見ましょう」と言って放置することがよくあります。

「様子を見ましょう」とは「もう少し見にくくなるまで放置して、見えなければメガネをかけましょう」という意味です。絶対にこの状態で放置しないで下さい。

0.4から1.2に回復する人も勿論いますが、時間がかかる事には違いありません。0.7があるなら1か月かからずに回復する可能性も高いです。お子様がこの状態であれば、早くトレーニングを実施することをお勧めします。

1日13分の簡単トレーニング

この段階になると、口コミなどで評判の1日1分の視力回復法などでは効果はあまりなく、ある程度継続してトレーニングが行えるような環境が必要になってきます。そこでお勧め出来る方法が「一日13分の簡単視力アップ法」です。視力0.4だったのが一週間で0.6に、0.7から1.2に回復した子供も大勢いる実績ある方法です。

トレーニング行う上で重要なのは、「回復できる」という気持ちでやっているかどうかだと考えます。「視力回復できない」と思いながら行っても残念ながら結果はついてきません。

その「やる気」を出す為に、「一日13分の簡単視力アップ法」ではフォローメルマガや、子供が楽しめるトレーニング方法など様々な工夫がなされています。本気で視力回復を考えている方は実践してみてはいかがでしょうか。

一日13分の視力アップ法詳細レビューはこちら

視力0.2以下の人

視力検査はぎりぎりC、もしくはD判定です。裸眼での視力がここまで悪化すると、眼鏡がないと歩けない、パソコンなどの近点作業も裸眼では行えない状態です。さらに、緑内障の発症率は「普通の人の2倍」あるとも言われています。緑内障とは~原因と症状~もご参照下さい。

専門家のサポートが必要

0.1からでも視力回復は可能ですが、個人に合わせた必要なトレーニング方法や日常生活での眼の使い方、休め方などを専門家にアドバイスを受け、実際に視力アップのトレーニングを行う必要が出てきます。

さらに、ここまで低下した視力を回復する為には、最低でも2~3か月ものトレーニング継続を実践する必要があります。眼科の先生にも「視力は回復しない!」と言われる方も多い上、確証が持てない方法を続けていくのは難しいでしょう。

楽々!視力アップマニュアル

専門家のサポートを受け、しっかりとトレーニングを継続できる方法は「楽々!視力アップマニュアル」がお勧めです。

特筆すべきは強力なサポート体制で、「安心サポート」により、0.1からの視力回復をサポートします。

  1. サポート回数:無制限
  2. 家族サポート保証(2名様までサポート可)
  3. 無料でのサポート延長保証
  4. DVD破損保証(新品と無償交換)
  5. 電話レスキュー保証(お電話で相談受付)
  6. 3年間無料相談保証

10~20分間のトレーニングを3か月しっかりと続けることで、0.1から0.8まで回復した実績が多数あります。個別カウンセリングにより、1人1人に合わせた特別メニューを提供してもらえる為、塾やクラブ活動、仕事等で忙しくても隙間の数分で行えます。

私自身も1か月半で、裸眼で0.1から0.4まで回復して、パソコン等の近点作業に関しては、メガネ不要になりました。現在も継続トレーニング中です。(2016年5月時点で0.8まで回復しています)

楽々!視力アップマニュアル詳細レビューはこちら

おわりに

全ての病気に言える事ですが、治療には早期発見による早期治療が最も効果があり、目の病気である近視にも同じことが言えます。

専門家による視力回復トレーニングを1か月実践して、0.8以上まで回復する確率は、0.4以上であれば92%以上と言われています。ただし、0.2以下まで視力低下がしている場合、回復した割合は48.8%まで低下します。

このように、視力が低下すればするほど治療にかかる時間が長くなってしまいます。「時は金なり」ということわざもある通り、目に関しては時を逃すと、いくらお金をつぎ込んでも、完全に元に戻らなくなる可能性もあるので、特に重要だと言えます。

視力低下し始めているのなら、今の生活を改善もなく続ける以上、さらに悪化は進んでいきます。目の悪化を食い止め、メガネが不要の生活を送る為にも早くトレーニングを実践する事が重要ではないでしょうか。

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事