目が良くなる方法

目が良くなる方法

読了までの目安時間:約 4分
目を良くする為には

「目を良くしたい」このように考える皆さんは、多かれ少なかれ、視力に関する悩みを持っている方だと思います。

日本では多様な「視力」が良くなる方法が存在します。メガネ、コンタクトレンズ、レーシック手術など種類は様々ですが、これらに共通することが1つあります。それらの方法では決して、「目が良くなる」わけではないのです。

では、目が良くなるにはどうすればいいのでしょうか。

視力矯正とは

先程上げた物はいわゆる視力矯正と呼ばれる方法です。「矯正」という言葉は歯並びを良くする時などにも使用されますが、これらは人の手で物事を正しく改めさせることをいいます。

つまり、視力矯正とは人工的に「視力が良くなる」状態を作りだすことを意味します。

ではどのようにしてその状態を作り出しているのでしょうか。

メガネ・コンタクトレンズの仕組み

メガネ・コンタクトの仕組みは以下の通りです。

近視の眼は光を屈折させる力が強すぎるため、遠くからやってくる光の像を網膜の手前で結んでしまいます。そのため、遠くのものがぼやけて見えます。像を網膜上にうまく結ぶようにするためには、眼の屈折力を弱める必要があります。そこで、近視の矯正には凹レンズを使います。眼に入る光を凹レンズで広げてやることによって、うまく網膜上に像を作ることができるようにします。

詳しくは視力回復にはメガネを外すべき?をご参照下さい。要は凹レンズを使用してうまく網膜上に像が作れる状態を作り出しているのです。

メガネ・コンタクトレンズで目が良くなるのか?

この仕組みで分かることは、目自体は何も変わっていないということです。当然「目が良くなる」ことはありませんし、逆に以下の事態を起す可能性すらあります。

視力が落ちた根本原因を改善していない

視力が回復したと誤解してしまうことで、 生活習慣や、目の運動不足などの要因を解決していない(放置する)ことで視力低下の可能性があります。

矯正状態での近点作業が目の緊張を強いている

メガネは遠い点を眼の屈折力を弱めることで遠くを見えやすくしています。この時に近い点を見る事は、目の負荷を大きくします。

レーシック手術の仕組み

レーシック手術とは「レーザーによる角膜矯正手術」の事で、目の中にレーザーを照射することで、角膜の屈折率を変える矯正方法をいいます。

詳しくはレーシックでの視力回復をご参照下さい。

レーシック手術で目が良くなるのか?

レーシックは、角膜をレーザにより矯正しますので、目に変化があるは間違いないです。ただ目が良くなっている訳ではなく、目自体は悪くなっていると捉えることができます。

レーシックは角膜を削るという施術の性質上、様々がリスクがあります。

  1. 白内障が進行するリスク
  2. 角膜が復元不能になるリスク
  3. 手術後の不快症状(ドライアイ等)
レーシック後の目は元には戻らない

特に、手術後の見え方や、ドライアイなどの症状は、どんな名医が手術しても、100%避けることは出来ません。このように一度手術を行うと、二度ともとに戻らず、「レーシック処理を行った」という前提でその他の治療を受けるようになる為、目自体は弱くなったと言えます。

目自体を良くする為には

色々解説しましたが、目自体を良くして、視力も回復させる方法は、生活習慣や、目の運動不足等の要因を解決することです。 その為には、目の運動やストレッチなどを行い、目の筋肉を鍛える必要があります。

近年は子供の頃から勉強や、PC・スマートフォン普及など視力低下しやすい環境ではありますが、外で楽しく運動したり、自然を見つめる(遠くを見る)などを少し心がけるだけで、目の筋肉が鍛えられ、近視を防ぐ事が出来ます。

自宅での視力回復トレーニングでは、自宅で簡単に出来る筋肉の鍛え方などが紹介されています。目を「矯正」するのではなく、「良くする」方法を試してみては如何でしょうか。

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事