視力回復 おすすめ

おすすめの視力回復トレーニング

読了までの目安時間:約 6分
視力の向上

視力回復に対して、効果を疑問視する声は多いですが、適切な方法で行えば視力の回復は可能です。

最近では様々なメディアで、著名なオプトメトリストという視力能力の向上を専門とする方々により、視力回復トレーニングによる有効性が証明されつつあります。

ここでは、効果が実証されている、おすすめの視力回復法について紹介します。

最新の視力トレーニング

視力は、一般的には5メートル検眼器などで測定するランドルト環の見え方で数値を出したり、オートレフラクトメーターの測定による屈折度数などで判断されますが、視力は眼の調整機能だけでは測ることは出来ません。

脳への伝達性

視力低下の原因は、眼のピント調節機能の衰えに加えて、眼から脳への伝達性の悪さや、脳のイメージ解析力(脳内視力)の悪さにも起因します。この視覚機能(ビジョン)の向上を行う為には、脳(右脳)を刺激することが重要です。

視覚機能向上の為に出来る事

以下の2点が視覚機能向上(脳の刺激)に効果的です。

  1. 目の疲れをとり「眼球(毛様体筋)」をストレッチで柔軟にする
  2. まばたきや、眼の上下左右の移動運動で目を滑らかに動かすようにする

スポーツビジョン

両目バランスを整え、立体視や融像視のトレーニングを行い、スポーツビジョンである瞬間視や周辺視野拡大、動体視力といった一連のイメージトレーニングを行うことでも視覚機能が向上します。

裸眼視力が良い状態の人でも、遠近感がつかみにくかったり、目の前にあるものを探し出す能力が低い人が多いです。こういった人は、読書の際に文章の行を間違えて飛ばしたり、文字を読み間違えたりする事も多いです。

立体視や融像視のトレーニングは、これらのスポーツや日常生活にも重要な能力を鍛える事が出来るのです。詳細は、周辺視野を鍛えるトレーニングもご参照下さい。

メンタル面の重要性

視力回復を行う上では、メンタル面の充実も重要な要素となりえます。

どんな事柄にもいえることですが、目標を明確にして、高いモチベーションでトレーニングを行っている人は、予想以上の効果が表れます。これらは視力アップに関しても同様です。

集中力を高める

集中力が欠けている人は、トレーニングの際にも他の事を気にしたりして、思ったより効果が出ないという事が多いです。

特に、自宅での視力回復トレーニングを集中して行う為に、目がよくなることのプラスのイメージをしっかりと持つことが大切です。その為には、イメージトレーニングなどを行い、ポジティブシンキングなどを行うことが有効です。

おすすめの「ビジョン」トレーニング

先進的なトレーニングといっても、外的に何かの力で治す(たとえば超音波機器など)のようなものでは、たとえ少し改善したとしても直ぐに元の状態に戻ってしまいます。

その点、上記で紹介したビジョントレーニングは、自分が本来もっている眼筋の力や、脳の力を活性化させるトレーニングであり、いつでも、どこでも、誰でもが取り組む事が可能です。

専門家の指導が効果を向上

トレーニングを指導するインストラクターであり、トレーナーの存在が効果をさらに高めます。

個人に合わせた必要なトレーニング方法や日常生活での眼の使い方、メンタル面でのケアなどを専門家にアドバイスを受けることが重要になってきます。

楽々!視力アップマニュアル

上記のビジョントレーニングに加え、専門家のサポートを受ける事が出来る方法として、「楽々!視力アップマニュアル」をお勧めします。

  1. サポート回数:無制限
  2. 家族サポート保証(2名様までサポート可)
  3. 無料でのサポート延長保証
  4. DVD破損保証(新品と無償交換)
  5. 電話レスキュー保証(お電話で相談受付)
  6. 3年間無料相談保証

さらに、個別カウンセリングにより、1人1人に合わせた特別メニューを提供してもらえる為、塾やクラブ活動、仕事等で忙しくても隙間の数分で行えます。

確かな実績

現在まで9年間に渡り、実践者の9割以上、延べ3,817名の小中高生・大人の方の視力を0.2から0.8まで視力回復させて実績があります。さらに、0.1から0.8まで回復した実績が多数あります。

私自身も、裸眼で0.1から0.6まで回復して、パソコン等の近点作業に関しては、メガネ不要になりました。現在も継続トレーニング中です。

楽々!視力アップマニュアル体験談 (2016年5月時点では0.8まで回復しています)

目は情報の源

仕事や様々な作業にパソコンやタブレットなどの電子機器の作業が必須となった現在では、きちんとした目のケアを行うか、行わないかで、視力だけではなく、今後起こりうる眼病のリスクの度合いにも変化が生じてきます。

特に、小中学生のお子さんは、将来的に目が悪いという事が、大変なマイナス要因になりますので、しっかりとマネージメントする必要があります。

情報の80%以上は、眼から入ってくると言われています。今の生活を改善なく続けるだけでは、視力低下は進行していきます。目の悪化を食い止る為にも、早くトレーニングを実践する事が重要になってくるのではないでしょうか。

楽々!視力アップマニュアル詳細レビューはこちら

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事