視力回復 大人

視力回復は大人でも可能?

読了までの目安時間:約 4分
大人のPC作業

以前は、「近視になるのは十代後半まで」という説が一般的でした。これは人間は生まれた時は遠視の状態で、成長により近視になって止まるという現象によるものです。

しかし、近年では二十代、三十代を中心に「社会人になってから近視になった」という悩みを良く聞き、その割合は増加傾向にあります。

視力回復は大人になってからでも可能なのでしょうか。

増える大人の近視

近年では、大人の方のパソコンの長時間使用による視力低下が増加しています。パソコンなどのVDT作業(ディスプレイ作業)では視線が頻繁に移動する為、眼精疲労が他の作業に比べ飛躍的に高い為です。

また、これらの症状として、身体や精神的な影響を及ぼす場合もあります。詳しくはVDT症候群の症状と予防をご覧ください。

目の酷使が視力低下の原因

現在社会における環境は、目を酷使するもので溢れています。特に、大人の方は仕事やプライベートでもパソコンを使う機会が多く、近点を長時間凝視することになります。これは子供でも同様で、特に携帯ゲームによる小さい画面による目の疲れの影響は大きいです。子供の視力低下の原因をご参照下さい。

毛様体筋の凝り固まり

近い距離で一点を見つめる事(近点作業)を行うと、毛様体筋が硬直し、水晶体の厚み調節機能(ピント調整機能)が低下します。これにより、屈折異常が発生、近視の状態となります。

目に優しい生活

視力低下を抑える為に、以下の7点を守り、目に優しい生活に改善していくことが重要です。

  1. パソコン・読書・携帯メールを使用する際、暗い所での作業を避ける
  2. パソコン・車の運転・裁縫等の目に負荷がかかる作業時は、まばたきを意識的に行う
  3. ワープロなどでの書類作成などは、可能な限り目の調子が良い午前中に行う
  4. 30分のVDT作業で、30秒の休憩を心がける
  5. 時間を見つけ、出来る限り遠くを見るようにする
  6. 野球・サッカーなど広いグランドで行うスポーツを行う
  7. テレビなどを見る時は、2m以上離れて、正しい姿勢(寝ない)で見る

特に、すべての目に負担がかかる作業に言える事ですが、部屋を明るくして、正しい姿勢で物事を行うようにしましょう。

大人の視力回復トレーニング

視力低下の主な要因は、大人でも子供でも同様で、近点作業を行うことで毛様体筋が硬直し、ピント調整機能が低下することです。その為に、これをほぐして、鍛えるトレーニングを行うことで視力回復が可能となるのです。

ただ、「毛様体筋」も他の筋肉と同じく、大人の人は子供に比べて鍛えるのが多少難しいです。これが、大人は視力回復が難しいと言われている所以です。ただ、他の筋肉でも、多めの負荷をかけてやることで鍛える事が出来るのと同様に鍛えることが可能です。

毛様体筋を鍛えるトレーニング

そこで、30代の私でも「毛様体筋」鍛えられたトレーニング方法を紹介します。「楽々!視力アップマニュアル」と呼ばれるトレーニングの一部です。毛様体筋の弾力性が増し、柔軟になることで、調節範囲が広がってピントが合いやすい状態になります。

  • 遠近ストレッチ法
  • 遠近トレーニング法

これらを主とするトレーニングによって、視力が0.1から0.5まで回復しましたが、ここまで視力低下が進んでいる人は多くはないと思います。その場合、さらに効率よく視力回復出来るはずです。

他の体の健康と同様に、目に優しい生活を送り、適度な目の「運動」を心がけることが、目の「アンチエイジング」となるのではないでしょうか。

楽々!視力アップマニュアル詳細レビュー(当時の0.4から0.5まで回復) 2016年8月時点で0.8まで回復!

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事