フェイキックIOL デメリット

フェイキックIOLのデメリット

読了までの目安時間:約 5分
ICLレンズ

角膜をまったく削らずに、目の中に眼内レンズを入れる事で、視力矯正を行う方法があります。その中でも注目されているのが、「フェイキックIOL」という眼内レンズです。

レーシックと違い角膜を削ることなく矯正を行えるので、「二度と元に戻らない」というリスクがありません。リスクはかなり少ないといえますが、いくつか欠点も存在します。そのようなフェイキックIOLのデメリットについて解説します。

フェイキックIOLとは

フェイキックというのは、英語で「水晶体を残したまま」と言う意味であり、その名の通り水晶体を傷つけることなく、そのままレンズを装着できることが特徴です。

IOLとは「イントラオキュラー(眼内)レンズ」の略です。そして、これらを総称して「有水晶体眼内レンズ」と呼ばれています。

眼内レンズの種類

眼内レンズは、大きく分けると水晶体を残すものと、残さない物の2種類があります。残さないものは、白内障などで水晶体が濁った時に、摘出してから装着します。白内障の原因と症状もご一読下さい。 

そして、水晶体を残す物がフェイキックIOLに使用される眼内レンズになります。これらには、前房型と後房型の2種類があります。

前房型眼内レンズ

前房型のレンズは、角膜と虹彩の間にいれるものです。角膜に近い所にレンズを入れる為、長期的には角膜内皮細胞に影響を及ぼす可能性がある為、現在はあまり使用されていません。

後房型眼内レンズ(ICL)

後房型レンズでは、虹彩よりも後ろ側、つまり虹彩と水晶体の間にレンズを入れます。

このレンズは「インプランタブル・コラマー・レンズ」と呼ばれ、略してICLと呼ばれています。意味は「移植できるコラマー素材のレンズ」になります。現在はこちらが主流になっています。

よくフェイキックIOLとICLの違いについて質問がありますが、要はフェイキックIOLの治療に使う後房型眼内レンズの略称がICLなのです。

フェイキックIOLのメリット

  • 水晶体にレンズをのせるだけなので、復元可能でリスクが低い
  • クリアに見えるようになる
  • レーシックが出来ない人でも手術可能

また、後房型レンズ(ICL)のコラマーという材質は、生体適合性が高く新水性で目になじみます。

さらに、コラマーはマイナスの電荷を帯びているため、たんぱく質や細胞などのマイナスイオン粒子を受け付けません。これにより、安定的に細胞などの付着を防ぎ、炎症が起こりにくいという特徴があります。

フェイキックIOLのデメリット

リスクの少なく、目に良くなじむ上にクリアに見えるとかなり有力な視力矯正方法であることには違いがありませんが、少なからずデメリットも存在ます。

費用が高額

医療機関によって若干異なりますが、一般的に両眼で70万円以上、高いところで100万円以上です。

レーシックでの視力矯正が数十万程度であることを考えると、金額は5倍以上とかなり高額です。

20~40万円と高額であるオルソケラトロジーレンズと比べても倍以上です。

手術後の後遺症

フェイキックIOLの手術は、ICLのサイズを決める為に精度の高い検査を行い、患者さんの目にピッタリとあったレンズを使用する為、安定性が高く、ずれにくいですが、それでもごく稀にずれてしまうこともあります。 

その場合、目の状態によっては、レンズのサイズを交換する場合があります。

白内障を誘発する

まれに白内障が発症することがあり、状況によってはレンズを摘出し、前房型フェイキックIOLに交換、白内障の手術をすることがあります。また、白内障の手術をする際はレンズを取り外す必要があります。

即効性は低い

手術には精度の高いレンズが必要ですから、個人の物をオーダーメイドで作る必要があります。この為、注文してから1~3か月程度はかかります。レーシック手術などのように「検査したら即手術可能」というわけにはいかないです。

おわりに

フェイキックIOLでの視力矯正は、レンズを取り出せば目の状態が元に戻るのでリスクは低いです。

さらに、色合いが鮮やかにシャープに見える、手術を行えば裸眼で過ごせる等メリットは多いです。しかし、100万を超える費用、その他デメリットが敷居を高くしています。

近視矯正術はそれぞれメリット・デメリットがあり、一長一短です。大事な目の矯正法を選ぶときには、失敗によるリスク等も考えて、冷静に自分にあった方法なのかをしっかりと考えることが大切です。

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事