視力回復 レーシック以外

レーシック以外の視力回復

読了までの目安時間:約 6分
レーシックは不要

サッカーの本田圭佑選手などの有名人が手術を受けたことで、手術が簡単で視力の回復も早いと一般的になりつつあるレーシックですが、様々なデメリットが存在します。

特に、手術後、目や体に様々な異常が発生しても、それらに対する適切な治療を受けることができない、いわゆるレーシック難民と呼ばれる方々が後を絶ちません。

ここでは、そんなデメリットが多いレーシック以外の、子供も実践できる視力回復法について紹介します。

レーシックのデメリット

レーシック手術では特に、以下3点を大きなデメリットとして挙げる事が出来ます。詳細は、レーシックでの視力回復をご参照下さい。

角膜が復元不能になる

レーシック手術における最大のデメリットです。角膜そのものを削ってしまう為、トラブルが発生した場合、元の状態に戻すことが出来ません。レーシック難民が発生する要因の最たるものです。

老眼の進行が早くなる

レーシックでは、角膜の屈折度を変えて無理やり網膜に像を結ぶようにします。この為、毛様体筋の衰えを放置することになり、40代頃から近くにピントを合わせる事が難しくなる、いわゆる老眼の症状が発生しやすくなります。

術後の不快症状

  • ハロー・グレア
  • ドライアイ
  • レンズ感度低下による、コントラスト低下(クリアに見えない)

視力回復を支える理論

レーシックでは、毛様体筋の衰えを放置して治療を行います。しかし、毛様体筋を治療する事は、視力回復の上で最も重要な事項の1つです。これらをしっかりと鍛えることで、老眼を防ぐ、「健全な」視力の向上を実現できるのです。

ヘルムホルツ理論

目の中の水晶体という部分(カメラのレンズ役割をする器官)には、これらの厚さを調整する為の筋肉があります。これが毛様体筋であり、この筋肉が収縮、弛緩することによりピント合わせを行います。

毛様体筋が収縮して水晶体の厚みが増した時、近くにピントが合い、弛緩したとき水晶体が薄くなり、遠くにピントが合います。この毛様体筋が収縮したまま戻らない状態の時、近視の症状が現れます。

ベイツス理論

毛様体筋がピントを合わせる際の、補助として働く6つの眼筋があります。

眼筋は、ひとつの眼球に6本ついています。眼球を上に動かす「上直筋」、下に動かす「下直筋」、鼻側(内側)に動かす「内直筋」、耳側(外側)に動かす「外直筋」。

そのほか特殊なものとして、「上斜筋」と「下斜筋」があります。これには、眼球をななめ方向に動かしたり、回転させる役割があります。 

眼球を支える6本の眼筋を収縮、弛緩させることによって、眼球全体の形を変える、つまり眼球自体をラグビーボールのような楕円形にしたり、球体にしたりして、焦点距離を調整し、ピントを合わせるのです。

レーシック以外の視力回復法

レーシック手術は20歳以上(一部のクリニックでは18歳以上)でなければ受ける事が出来ません。小中学生の子供の目を何とかしたいと考えている方には、適応できない方法です。その為、お子様にも行うことのできる視力回復法が強く求められています。

理論に基づいたトレーニング

「ヘルムホルツ理論」と「ベイツス理論」の両方に基づいて構築された効果の高いトレーニング方法として、「一日たった13分の視力アップ法」をお勧めします。

毛様体筋と眼筋の両方を鍛える

世の中には、毛様体筋「だけ」に作用する超音波治療器などが多いですが、これだけでは不十分です。さらに、赤い点をたどって目を動かす眼筋「だけ」を鍛えるトレーニングも効果は低いです。

その点、「一日たった13分の視力アップ法」のトレーニングは、これらの「両方」をしっかりと鍛える、厳選されたトレーニングが複数用意されています。

効果的に視力を回復する為には、ピント調整の仕組みを解明した二つの理論双方に基づいたトレーニングが有効であることは間違いありません。

それぞれの比較

レーシックと「一日たった13分の視力アップ法」を3点の項目で比較します。

価格・費用

レーシック(数十万円)に対して、1/10以下の費用で治療を行うことが可能です。

後遺症によるデメリット

レーシックによる角膜の復元不能リスクや、術後の不快症状などの後遺症によるデメリットは0です。さらに、毛様体筋をしっかりと鍛える事で、老眼の予防にもつながります。

適応できる人

レーシックが20歳以上で検査の必要があるのに対して、誰でもどんな年齢でも治療が可能です。さらに、小さなお子様でも楽しく継続できるように様々な工夫がなされています。

まとめ

レーシックは角膜を削るという施術の性質上、どんな名医が手術を行っても、リスクが付きまといます。さらに、40過ぎから老眼鏡が必要になった場合、結局残り半分の人生が不便になるだけです。

また、一度手術をして視力が回復しても、以前と同じ生活を続ければ、当然視力は低下します。そういった意味でも、トレーニングにより視力低下しない目を育てる事が重要となるのです。

理論に基づいた、小さな子供も実践可能な方法で、「健全な」視力の回復にチャレンジしませんか?

1日たった13分の視力アップ法詳細レビューはこちら

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事