眼鏡 かける 視力

眼鏡をかける視力の程度は?

読了までの目安時間:約 5分
眼鏡をかける視力は?

「そろそろ眼鏡にしなさい」と言われた人は多いと思います。現在高校生では6割以上が近視と言われています。

そんな「近視大国」日本では多様な視力矯正法が存在します。コンタクトレンズ、レーシック手術などその種類は様々ですが、最も馴染みが深いのが眼鏡であり、全体の60%を占めます。

色々な人に使用されている眼鏡ですが、知識なく使用すると、視力低下を起す可能性もあります。ここでは、眼鏡はどの程度視力低下したらかければ良いのか解説します。

眼鏡のデメリット

まずは眼鏡のデメリットについて説明します。

  • 激しいスポーツ(サッカーなど)や様々な行動に制限が出る
  • 過矯正の状態でいると網膜が後退し近視が進行する可能性がある
  • 頭痛や網膜に違和感を覚えるなどの不快感が発生する可能性がある

他にも冒頭で解説したように過矯正状態の眼鏡を使用すると、視力低下を引き起こす可能性もあります。詳しくは視力回復にはメガネを外すべき?をご参照下さい。

屈折度数

近視の進み具合は屈折度数(ディオプター)というもので測定します。これらは眼鏡屋さんならどこでも測ってもらえますし、親切な眼科でしたら結果も教えてくれるでしょう。

目に入った光がどれだけ正確に網膜に当っているのかを数値化したもので、その値から近視の進み具合と、はっきりと見えている距離を割り出すことができます。

屈折度数の定義

屈折度数の単位はディオプター(D)と表記され、-1.0Dとか+1.25Dと表示されます。この値がマイナスなら近視、この値がプラスなら遠視、プラスマイナス0なら正常(正視)ということをあらわします。

ディオプター表

ディオプターの計算方法

-1D=100/明視距離(はっきりと見えている距離) (cm)で定義されています。

(例) -2D=50cm (50cmまではっきり見えるがその先からぼやけだす場合)

正視(正しい視力)とは

表にもありますが、±0Dということは、正確に網膜に焦点があっているということで、5m先まで見えているといえます。視力としては0.8から1.2の正視の範囲に入ります。

逆にいえば、これ以上視力をよくする必要はありません。必要以上に視力を矯正すると過矯正状態となり、頭痛や視力低下を引き起こします。0.8程度でも眼鏡をかけるべきだと仰る学校の先生もいますが、これは間違いです。

視力が0.3以上0.7未満(軽度近視)であれば、必要な時だけメガネを使い、0.3未満(中度近視以上)であればメガネを常用した方が良いでしょう。

ただし、視力が0.3程度でも屈折度数が0Dに近い人もいます。このような人は簡単なトレーニングで正視(1.2程度)まで回復しますので、直ぐに眼鏡をかけずに一度屈折度数を計測してみる事をお勧めします。

正しいメガネとの付き合い方

色々解説しましたが、視力が低下して見えずらい状況でメガネを全く使わないというのは車の運転等生活に支障をきたしてしまいます。そこでメガネを使用する場合、以下の2点を守ることをお勧めします。

  • 近く用・遠く用、度数の違うメガネを使い分ける
  • 必要な時以外は、なるべく自分の目で見るように意識する

初めのうちは慣れないかもしれませんが、メガネという「補助具」をつけて生活を続けると、それが無ければ見えないと認識してしまいます。それらを少しずつ外していくリハビリが、視力回復トレーニングなのです。

そんな視力回復トレーニングでお勧めするのが、「1日たった13分」で、さらに自宅で簡単に行う事が出来ると有名な方法です。

「お子さんでも無理なく簡単に、楽しく継続できる方法」として多数のメディアで紹介されており、好評です。この方法により、0.3から1.2までの視力アップを実現した人も多数います。

メガネという「補助具」を外し、健康的な目を取り戻す為にも、本気で視力回復に取り組んでみませんか。

一日13分の簡単視力アップ法詳細レビューはこちら

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. […] 値がマイナスなら近視、この値がプラスなら遠視、プラスマイナス0なら正常(正視)ということをあらわします。 引用元-眼鏡をかける視力の程度は? | さわやか仙人の視力回復センター […]

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事