視力回復 メガネを外す

視力回復にはメガネを外すべき?

読了までの目安時間:約 5分
メガネプレビュー

結論からいいますと、視力回復の為にはメガネ外すべき、もしくは度数の弱いメガネを使用するべきです。

「物が見えにくい状態だと、目つきが悪くなるから、視力回復にはメガネを付けておくべきだ。」

この様な意見も昔は存在していましたが、これは間違いです。そもそも、視力低下が生じた状態のまま放置しておくこと、原因を考慮に入れない事は視力低下引き起こします。

視力低下の原因

視力低下を引き起こす主な要因は下記の2つになります。

  • 毛様体筋というピントあわせの筋肉が近くを見る作業のし過ぎで止まってしまう
  • 6本の眼筋をあまり使わないため、目全体が運動不足になり、目の長さ(眼軸)が伸びてしまう。

眼筋に関する詳細は、視力回復に重要な運動をご参照下さい。これらの結果、ピントが合わなくなり近視になってしまいます。

要は、近くを長時間見続けていることと、目をあまり動かさずにいることによって、眼球全体が運動不足になり、視力低下が進行していくのです。

メガネにより視力低下する

メガネにより視力低下する要因について説明します。

断っておきますが、メガネそのもので視力低下が発生することはありません。メガネをかけることによる現象で、これらを引き起こしやすくするのです。 

過矯正の状態で、網膜の後ろに焦点があったままでいると網膜が後退し近視が進行する可能性がありますので、ご注意ください。

過矯正とは網膜の後ろで焦点があっている状態で、その状態でいると頭痛や網膜に違和感を覚えるなどの不快感が発生する可能性があります。

メガネの仕組み

メガネの仕組みは下図のようになります。

メガネの仕組み

近視の眼は光を屈折させる力が強すぎるため、図の左側のように遠くからやってくる光の像を網膜の手前で結んでしまいます。そのため、遠くのものがぼやけて見えます。像を網膜上にうまく結ぶようにするためには、眼の屈折力を弱める必要があります。そこで、近視の矯正には凹レンズを使います。図の右側のように、眼に入る光を凹レンズで広げてやることによって、うまく網膜上に像を作ることができるようにします。これが近視のメガネのしくみです。

メガネによる視力低下の原因

視力低下の原因は上記の2点です。なぜこれらがメガネをかけることで起こるかを説明します。

視力が落ちた根本原因を改善していない

メガネをかけてしまうことで、視力が回復したと誤解してしまうことで、 生活習慣や、目の運動不足などの要因を解決していない(放置する)ことが原因になります。

メガネをつけた状態での近点作業が目の緊張を強いている

メガネは遠い点を眼の屈折力を弱めることで遠くを見えやすくしています。この時に近い点を見る事は、目の負荷を大きくします。これは度数の強いメガネ程強く表れます。

正しいメガネとの付き合い方

とはいえ、視力が低下して見えずらい状況でメガネを全く使わないというのは車の運転等生活に支障をきたしてしまいます。

そこで、メガネを使用する場合は、以下の2点を守って使用して下さい。

  • 近く用・遠く用、度数の違うメガネを使い分ける
  • 必要な時以外は、なるべく自分の目で見るように意識する

初めのうちは慣れないかもしれませんが、メガネという「補助具」をつけたまま生活を続けると、それが無ければ見えないと認識してしまいがちになります。それらが無い状態が「正常」であると認識することから始めましょう。 メガネの「使用を減らす・やめる」方向で検討することが目の健康の第一歩になると思います。 

最後に

現在は近視化が進んでおり、特に小さなお子様の間で傾向が強く、小学生でも眼鏡の着用が30%以上とのデータもありますが、メガネを着用する事で視力低下だけではなく、以下の様なデメリットも存在します。

  • 激しいスポーツ(サッカーなど)や様々な行動に制限が出る
  • 頭痛により、常に「ロキソニン」などの鎮静剤が必要になる

このようなデメリットのあるメガネをかけず、メガネが不要な良く見えた頃の目に戻る方法があります。

「1日たった13分で行える」視力回復トレーニングで、「お子さんでも無理なく簡単に、楽しく継続できる方法」として多数のメディアで紹介されています。この方法により、0.3から1.2までの視力アップを実現した人も多数います。

頭痛や運動の度に悩まない健康的な生活を取り戻す為、本気で視力回復に取り組んでみませんか。

一日13分の簡単視力アップ法詳細レビューはこちら

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事