近視 治す

近視を治す方法

読了までの目安時間:約 4分
近視の治療

目に関するトラブルでもっとも多いのが「近視」でしょう。

原因には遺伝的要因があると思っている方も多いですが、近視による遺伝は5%以下いう説もあり、遺伝子ではなく、テレビ、PC作業など環境的要因の影響が高いとの説が有力です。

このような現代病とも言われている近視を治す方法について、解説していきたいと思います。

近視の症状

「ちかめ」「近眼」などとも言われるこの症状は、遠方から目に入ってきた光が、レンズ(水晶体)の力が強すぎて、網膜より手前で像を結んでしまうことにより網膜の手前で屈折してピントが合って像を結んでしまう状態です。この場合、近くの物は良く見えるのに、遠くの物が見えにくい状態です。 

光が結ぶ仕組みの詳細については、屈折異常による症状をご参照ください。

目の巨人症

「巨人症」という病気を聞いたことがあるでしょうか。

「先端巨大症(Acromegaly)は、脳の下垂体前葉の成長ホルモン分泌腺細胞が、その機能を保ったまま腫瘍化し(=機能性腺腫)、成長ホルモンが過剰に産生されて、手足や内臓、顔の一部が肥大する病気であり、巨人症と一般的に称される状態はこの病気であることが多い。

本来、生物は一定の体の成長が達成されれば、成長ホルモンの分泌が低下して成長が止まるのですが、巨人症はこのコントロールが出来なくなっている状態です。

その為、巨人症の患者は、身長の過剰な成長によって膝や背骨を痛めやすく、内臓の働きに問題を持つ者も少なくないとされています。 

眼球が異常成長することで、緑内障や、近視性黄斑変性症、網膜剥離などの目の病気になる確率が高まることがしられています。これは眼球そのものが弱くなる(脆弱化)するためとも言われています。

巨人症が様々な全身疾患を生じて生命に影響を与えるように、「近視」という症状が、目に関する様々な疾患を発病する要因となりうるのです。

近視で失明することがある

近視が様々な疾患を引き起こす可能性があることは理解頂けたと思います。さらに恐ろしいのは、これらが合併症を起こして、失明する可能性があるということです。

特に、近視の人は網膜剥離が起こる可能性が正視の人よりも高く、これらの確率は近視度合いが強いほど高くなっていきます。

また、緑内障は一般的に40歳以上の20人に1人ぐらいの割合で起こりますが、近視の強い人では10人に1人ぐらいの割合になり、実に2倍以上です。発症年齢についても、正視の人よりも早い年齢から発症すると言われています。

近視を治す為に出来る事

近視を治すために出来る1番有効な対策は、「早期発見」による「早期治療」です。様々なリスクを理解して、病状を進行させないことがなにより重要です。

しかし、多くの近視の人々が専門家の受診を受けていないなどの理由で、「近視が持つリスク」を認知できていない現状です。残念ながら小中学校などで近視が見つかった場合も、「メガネをかける指導」だけで終わってしまう事がほとんどです。メガネをかけるだけでは病状の進行は止まりません。

進行を予防して、近視を治すためにも専門家の診断を受け、目を動かして外眼筋に刺激を加えるトレーニングや体操などが重要です。症状について正しい知識を身に着けて、正しいトレーニング・治療方法を実践していくことがなにより重要になります。

専門家からアドバイスを受け、しっかりとトレーニングを継続できる方法としては、「楽々!視力アップマニュアル」がお勧めです。ぜひ一度ご参照下さい。

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事