白内障 原因 症状

白内障の原因と症状

読了までの目安時間:約 7分
白内障の見え方

白内障は老人の病気と言われ、40代から水晶体が濁り始め、50代で目がかすむというケースが最も多いパターンです。

ところが近年は若年化が進む傾向にあり、20代や30代、まれに10代という年齢で発病する人も見られます。

失明の危険性まであると言われている病気ですが、この白内障の原因と症状について説明していきます。

白内障とは

視野全体に霧がかかったような、ぼやけた見え方になるのが白内障の特徴です。

水晶体が濁り、光が乱反射するために起こるのですが、進行するとすりガラスを通しているような見え方になり、風景は白くかすんで見えます。

人間の目の構造

目の構造はよくカメラにたとえられます。レンズに該当する水晶体とフィルムに該当する網膜。このうちレンズ(水晶体)が白く濁ってしまい、フィルム(網膜)に鮮明な像が描けなくなる現象が現れます。

これが白内障であり、別名「しろそこひ」とも呼ばれており、多くは加齢とともに起こる症状です。

白内障の原因

水晶体の中身は水分とタンパク質からなる成分ですが、このたんぱく質が変化したり、水分量のバランスが崩れたりするして、無色透明であった水晶体が白く濁ってくるのです。たんぱく質の変化は様々な原因で起こるのですが、もっとも多いのが老化によるものです。

加齢性白内障

40代ぐらいから徐々に始まり80代もの年齢になれば、濁っているほうが普通といえます。このような老化現象による白内障を「加齢性白内障」と呼ばれており、もっとも多い原因です。

若年性白内障

白内障になりやすいのは、ご年配の方なのには間違いはありませんが、10代や20代の若い人は自分たちには関係ないと油断していると、病状はすでに忍び寄っているかもしれません。

他の目の病気やケガ、ぶどう膜炎、糖尿病、網膜剥離、アトピー性皮膚炎(アレルギー)等の、眼疾患やそれ以外の症状などによって白内障が起こることがあります。

他には紫外線の照射、ステロイド薬の長期点眼による副作用なども原因として挙げられています。

ステロイド系の目薬の副作用については、市販の目薬の選び方もご参照下さい。

栄養の偏りが白内障を引き起こす

私たちの食生活は昔と比べて大きく変化しています。昔は主食の米を中心に水産物、野菜などの多様な副食品が中心でしたが、

近年はファーストフード・コンビニ弁当・スナック菓子などが普及し、油を使った料理や、肉類を摂るようになりました。その結果、栄養のバランスがくずれ、肥満や糖尿病などの生活習慣病も増加、低年齢の子供まで高血圧や肥満などの症状も見られるようになりました。

コレステロールなど脂肪の過剰摂取や野菜不足が眼とどのような関係あるのかというと、緑黄色野菜にはカロテノイド(カロチノイド)という生物が持つ赤色や緑色などの色素群があり、その一つにルテインという栄養素があります。カロテノイドは活性酸素を消し去ってくれる効果を持ち、生活習慣病を防ぐ手伝いをしてくれ、ルテインは白内障や視力の低下を回復へ導く役割をしてくれています。また肉類にはビタミン群、脂肪分、蛋白質しか含まれておらず、野菜でしか補えない栄養素がたくさん出てくるのですが、野菜を摂取しないことによってルテインが減少していき、皮質内白内障を引き起こすことがあります。

ストレスやアルコールが白内障を発症させる

その他、白内障を起こす原因としては下記の物が挙げられます。

  • ストレス
  • アルコール
  • 運動不足
  • 喫煙

これらはルテインの吸収を妨げる原因になります。その為、肝機能の低下を引き起こし、肝臓より分泌され脂肪の分解・吸収を促進する役割の胆汁酸が減少すること繋がります。

脂肪と一緒に取り込まれるルテインは汗機能低下により上手く取り込まれなくなります。これらはカロテノイドの減少を助け、カロテノイドの持つ抗酸化作用を取り払い、老化の促進を促します。水晶体はビタミンCを多量に含んでいるのですが、喫煙によるニコチンなどの有害物質がビタミンCを破壊します。そうなると水晶体に影響がないはずなく、白内障を助長する大きな要因となります。

白内障の症状

水晶体は中心部の核、そのまわりの水晶体皮質、そしてさらに外側にある水晶体嚢と呼ばれる3つの部位から出来ています。これらが濁ることで白内障の症状が発病します。

核白内障

核が濁るタイプは「核白内障」と呼ばれ、暗くなるとものが見えにくくなったり、逆に近くがよく見えたりします。

皮質白内障

皮質が濁るタイプは「皮質白内障」と呼ばれ、光の乱反射が起こりやすくなり、眩しさを強く感じたり、目がかすんだりします。

後嚢下白内障

水晶体の後ろ側の皮質が濁ることによって発病します。これらの症状としては、視力低下が加速することが多いです。

失明に至る可能性

そして、これらの症状がかなり進行した場合には、失明してしまうリスクもあります。

白内障は初期の段階からは異変を感じることが少ないです。その為、「老眼だろう」と放置して病状が進行してしまう場合が多いです。

以下のチェック項目に該当する場合は注意して下さい。

  • 疲れ目がなかなか回復しない
  • 視力が低下してきた
  • 強いまぶしさを感じる

これらの兆候が表れた場合は、すぐに検査を受けてるようにして下さい。

白内障の治療

残念ながら濁った水晶体を元に戻すことはできません。その為に水晶体の濁りの進行を遅らせる為の、薬物治療を行うことになります。

目薬による治療

点眼剤による治療は、水晶体の主成分であるタンパク質の代謝を改善する働きがあり、初期段階での進行を遅らせるのには有効だとされています。

ポピュラーなものとしては、「ピノレキシン」や「グルタチオン」などの製剤が挙げられます。これらにより、タンパク質の変性を防止し、病状の進行を防ぎます。副作用はほとんどない薬であり、長期間にわたって使用しても問題ありません。

とはいえ、薬を使っていても完全に進行を止めるのは難しく、徐々に見えにくさは増えていきます。白内障の症状が進行して、いよいよ見えない状態になった場合、手術を行うことを検討して下さい。

おわりに

白内障や緑内障などは目の病気としてよく耳にすると思います。これら目の病気言える事は、初期の段階では症状が無い、または非常に軽い為に、治療を行わずに放置することが非常に多いです。 

しかし、これらの病気は症状が進行した場合には、失明してしまうリスクさえもあります。特に緑内障に関しては、失明の原因の第一位になっています。緑内障とは~原因と症状~もご参照ください。

目の病気を治すために出来る1番有効な対策は、「早期発見」による「早期治療」です。原因と症状を理解して、悪化を進行させないことがなにより重要なのです。

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事