屈折異常

屈折異常による症状

読了までの目安時間:約 3分
屈折異常

目のトラブルとして思い当たるのは、「近視」「遠視」「乱視」といった物の見え方に関するものが多いでしょう。

一般的に「目が悪い」と言われるこれらの症状は、角膜や水晶体というレンズの光を曲げる力が狂い、網膜にピントが合わなくなることから起こります。

このような屈折異常はどのようにして引き起こされるのでしょうか。

屈折異常

物を見るとき、光は角膜を通って瞳孔から目の中に入り、水晶体、硝子体を通って目のもっとも奥にある網膜に到達します。網膜にたどり着いた光の刺激が視神経を通って、脳に伝えられると「物が見えた」と認識されます。この光が網膜に正常に到達できない状態が屈折異常です。

目の屈折の仕組みに関する詳細はレーシックでの視力回復をご参照下さい。

正視状態

正視状態遠くから平行に入ってくる光が、角膜と水晶体で屈折して、眼底の網膜上にピッタリと像を結んでいる状態が正視状態です。

この場合、目は正常に物が見えている状態です。

近視状態

近視状態

一番多い屈折異常の状態です。

レンズ(水晶体)の力が強すぎて、網膜の手前で屈折してピントが合って像を結んでしまう状態です。

この場合、近くの物は良く見えるのに、遠くの物が見えにくい状態です。 

遠視状態

遠視状態近視とは逆にレンズ(水晶体)の力が弱すぎて、網膜の奥で像が結ばれてしまう状態です。

この状態では近くが見えにくいたけではなく、遠くも見えにくい状態です。勘違いしている方が多いですが、遠視では遠くが見えやすくなる訳ではありません。

乱視状態

乱視状態

網膜に歪みが生じて、光の進む方向が揃わず、どこにもピントの合った像を作り出すことができない状態です。

この状態では像を作り出せない為、正常に物を見る事が出来ない状態です。

屈折異常に対する対策

屈折異常はほとんどの人に多かれ少なかれあるものです。完璧に正視の状態である人の方が珍しいです。すべてが病気ではなく、不自由であれば眼鏡(コンタクト)や老眼鏡などで矯正する場合が多いですが、それぞれデメリットがあります。

デメリットに関しては、視力回復にはメガネを外すべき?をご参照下さい。

メガネに頼らずに屈折異常対策する場合には、目の筋肉を鍛える必要があります。目の内側の眼筋には水晶体の厚みを変える役割を担う毛様体筋があり、外側の眼筋としては、見たい方向に目を動かす6種類の外眼筋と言われる筋肉があります。これらを鍛える事が重要になります。詳しくは視力回復に重要な運動をご参照ください。

目の仕組みや働き、物の見え方などの基本を知ることで、メガネ等で目を「矯正」するのではなく、「視力回復」することも可能になってくると思います。

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事