楽々!視力アップマニュアル レビュー

楽々!視力アップマニュアルのレビュー

読了までの目安時間:約 4分
視力回復のプロ

楽々!視力アップマニュアル」を実践して、1か月が経ちました。

これらの中には、目の仕組みや働き、視力についての基本的知識、視力低下の原因や対処法などの知識に基づいた、トレーニングの実践方法が詳しく解説されています。

視力回復のスペシャリストが作成した、19種類のツールを使った、様々な方法が多数盛り込まれています。 

これらの視力回復に重要なストレッチについてレビューしていきます。

アイ・トレーニング

アイ・トレーニングは、眼球を上下・左右・斜めとすばやく動かすことで眼球移動筋をなめらかに動くようにして、視野を広げ血行も促進します。これらは、速読法などでも取り入れらたトレーニング法のひとつです。

眼球を動かす為の筋肉には、上直筋・下直筋・内直筋・外直筋・上斜筋・下斜筋の6つの眼球移動筋があります。この6つの筋肉を動かす訓練をすることにより、眼の視幅が広がります。 

現代人は、子供の頃から勉強やPC・スマートフォン普及などにより日頃から眼球運動を行っていない為、眼がゴロゴロと感じている人も多いと思います。

これらのストレッチを行うと、なめらかに動くようになり、目の筋肉が鍛えられ、近視を防ぐ事が出来るようになる訳です。

トレーニングを楽しめる工夫

さらに「楽々!視力アップマニュアル」ではこれらのトレーニングを親子で楽しく行えるように様々な工夫がなされています。子供のモチベーションアップに繋がり、さらなる効果アップが期待できます。

ブロック・ストリング

ブロック・ストリングは、両眼視・融像視・同時視・立体視といった両眼視機能を総合的に高めるトレーニング・ツールです。

近年、子供だけでなく大人にも左右の視力差がある、不同視という症状が増えています。両眼の視力に差があると、良い方の眼だけで物を見てしまうので、悪い方の眼は使われなくなり機能障害をおこします。また、そのうち良い方の眼も負担が大きくなり、視力低下します。

両眼視ができないと、見る対象物にきちんとピントを合いませんので、距離奥行、立体感といった空間把握能力が悪くなり、物に躓きやすくなったり、運動能力も低下しスポーツが苦手になったりします。

そして、両眼バランスが崩れることによって、視機能だけでなく、頭痛や肩こり、眼精疲労といった症状をひきおこすケースが多くなります。左右の視力差があると、それだけで大きなストレスになります。

また、両眼をバランス良くトレーニングすると、右脳や左脳の働きのバランスが良くなり、脳に刺激をあたえ記憶力・発想力もアップします。

充実したトレーニングサポート

これらのトレーニングはやり方を覚えるだけではなかなか実践出来ません。

しかし、「楽々!視力アップマニュアル」ではDVDビデオによる実践方法が詳しく解説されていますので、安心です。

これらをしっかりと理解することで、精度の高いトレーニングが可能です。

サポートの重要性

今回紹介した方法は、様々な評判や口コミでも取り上げられているトレーニングです。しかしこれらのトレーニングは独学で行うとうまく行えず、効果が表れにくいです。やり方を理解し、専門家のサポートを受けて正しい方法で実践する事が重要です。

楽々!視力アップマニュアルの効果」で取り上げた通り、0.1→0.3まで視力回復した要因はこのトレーニングの影響が大きいです。(2016年5月時点で0.8まで回復しています)

全てのトレーニングに言える事ですが、間違った方法で実践しても効果は出ません。目の知識に精通したプロのサポートを受け、精度の高いトレーニングを行うことで、初めて高い視力回復の効果が表れるのです。

楽々!視力アップマニュアルのさらなる詳細レビューは下記よりどうぞ
楽々!視力アップマニュアルのレビュー
Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事