視力回復トレーニング 効果

視力回復トレーニング効果アップのポイント

読了までの目安時間:約 4分
アイマスク

人間は、物事に対しての目的や意義が分かっていないと、なかなか継続して実践する事が出来ません。

また、慣れについても同様で、人間は慣れて来ると物事に対して手を抜いたり、適当にやってしまいます。

これらを予防する為の、視力回復トレーニングの効果アップと、視力低下を防ぐポイントについて「1日たった13分の視力アップ法」より一部紹介します。

遠近ストレッチのポイント

毛様体筋をストレッチ運動により鍛えることで、調節範囲が広がり、ピントが合いやすい状態になります。目の運動不足と血行不良を解消でき視力アップに繋がる有名な方法ですが、これらについての注意点を挙げます。

  1. ストレッチの際、しっかりより目になっているか
  2. もっとも目に近づけたときの距離が7cm以上はなれていないか
  3. 腕を前後させるとき、よそを見てやっていないか

特に、7cm以上目からはなれると、毛様体筋の収縮が不十分で筋肉の収縮と弛緩の幅が小さくなる為、トレーニング効果が下がるので注意が必要です。

少し目が疲れる位に距離を近づけることが重要です。疲れているということは筋肉がしっかり動いているということです。この状態だとしっかりとストレッチが出来ているため、トレーニング効果が高まります。

視力低下しない生活習慣を身に着ける

近視とは簡単にいうと、手元30cm以内のところしか見ない生活(近点作業)を行う為、範囲内にしかピントが合わなくなっていく症状です。

逆に、アフリカのマサイ族のように1km先のライオンやキリンばかりを見ていると、遠くに焦点が合いやすい目になります。彼らの視力がとても高いのはこの為です。逆に彼らにPC作業などを行ってもらうとかなり目に疲労を感じるはずです。(遠視の人も同様)

日本でいる限り、勉強、読書、携帯やゲームなどもあり、マサイ族の方のような生活を送るのは不可能ですが、視力低下を防ぐ為の生活習慣を身に着けるのはちょっとした心がけで可能です。

30分に30秒の休憩をこまめに

例として、歯磨きと同じように考えてると分かりやすいと思います。

一日に朝1回だけしか歯磨きをしなければ、虫歯になりやすくなってしまいます。しかし、毎食後、できればお菓子を食べた後も毎回しっかり歯磨きをしていたら、虫歯にはならないはずです。

これと同じように、勉強、読書、ゲームなどの近点作業を行う際は、30分作業→30秒の休憩・ストレッチ実施という流れて作業を進めると、視力低下をかなり防ぐ事が出来ます。

まとめ

トレーニング方法の重要性はもちろんですが、「視力低下しにくい生活を送る」というのもとても重要です。一日1回、あるいは3回と言う風に回数を決めるよりも、自然とこれらを行えるようになることが視力回復には大切です。

「1日たった13分の視力アップ法」ではこれらを実現するための心構えや、様々な工夫、手厚いサポートがふんだんに盛り込まれています。一日13分の視力アップ法レビューにて紹介されていますので、こちらもご参照ください。

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事