視力回復 最先端 メソッド

最先端の視力回復メソッド

読了までの目安時間:約 6分
楽々!視力アップマニュアル

さわやか仙人は「楽々視力アップマニュアル」による視力回復トレーニングを行うことで、裸眼での視力が0.1から0.8まで上がりました。

その後、視力低下が起こることなく、視力を維持しており、今はメガネを使用していません。

そんな、視力回復に大いに貢献した「楽々視力アップマニュアル」の最先端の視力トレーニングプログラムを、紹介していきます。

視力回復のスペシャリスト

最近は、テレビ番組などに著名な「オプトメトリスト」という視力回復を専門とする方々が出演し、トレーニングにより視力や視力機能が向上できるということが、認識されはじめました。

そんな視力回復のスペシャリストである、「出口隆さん」によって製作された最先端の視力回復メソッドが、「楽々視力アップマニュアル」です。

「オプトメトリスト」とは、日本ではまだ公的には認められていない職業であり、資格です。しかし、海外(アメリカ、カナダ、オーストラリア、そしてヨーロッパやアフリカ、アジアのいくつか)の国々ではすでに高度の専門職として、その手腕を振るっておられます。

特にアメリカでは100年以上もの歴史があり、通常の4年制大学卒業後にオプトメトリーの大学に入学するのが一般的で、4年学び卒業した後「ドクター・オブ・オプトメトリー」の称号を得ます。国家試験と州の試験に合格してから開業できます。

ナンバータッチ

周辺視野の拡大と、瞬間視を強化する視覚アップのトレーニングです。

子供から大人まで簡単に行えるスポーツビジョン・トレーニングで、イチロー選手をはじめ多くのアスリート達も実践している効果の高い最先端トレーニングです。

多くの視力回復法が販売され、口コミなどで話題となっていますが、この「ナンバータッチ」を採用しているのは「楽々視力アップマニュアル」以外にありません。

周辺視野の重要性

周辺視野は、日常生活やスポーツなどに重要な「目の能力」ですが、トレーニングで鍛えていかないと、どんどん狭くなっていきます。

見る力(視力)は勿論重要ですが、視覚(周囲を見渡す力)も重要です。お子様がスポーツを始める際にも強い味方となってくれるはずです。

「視力」と「視覚」、これらを統合的に鍛える事が大切であり、「目の持つ力」を最大限発揮できるようになる方法こそ、最良のトレーニングと言えるのです。

周辺視野を鍛えるトレーニングにて詳しく解説してありますので、ごちらも是非ご参照下さい。

ブロック・ストリング

ブロック・ストリングは、両眼視機能を総合的に高めるトレーニングです。

不同視

近年、子供だけでなく大人にも左右の視力差がある、不同視という症状が増えています。両眼の視力に差があると、良い方の眼だけで物を見てしまうので、悪い方の眼は使われなくなり機能障害をおこします。また、そのうち良い方の眼も負担が大きくなり、視力低下します。

両眼視ができないと、見る対象物にきちんとピントを合いませんので、距離奥行、立体感といった空間把握能力が悪くなり、物に躓きやすくなったり、運動能力も低下しスポーツが苦手になったりします。不同視の原因と治療もご一読下さい。

頭痛や肩こりを引き起こす

視力のバランスが崩れることによって、視機能だけでなく、頭痛や肩こり、眼精疲労といった症状をひきおこすケースが多くなります。左右の視力差があると、それだけで大きなストレスになります。メガネを外して良くなった3つの痛みも合わせてお読み下さい。

エキセントリック・サークル

ブロックストリング同様に、両眼のチームワークを向上させるトレーニングです。

ブロックストリングよりもトレーニングの強度が高い為、融像視・同時視・立体視といった能力を更に高めることが可能です。

このトレーニングにより、裸眼立体視(交差法)が、出来るようになります。裸眼立体視トレーニングについては、視力回復アプリの効果もご参照下さい。

ただし、小さなディスプレイで作業を行う、視力回復アプリの訓練では、トレーニング強度が低く、目の治療は難しいと言われています。毛様体の筋肉をしっかりとした強度で鍛えられる「エキセントリック・サークル」はアプリでのトレーニングよりも優れている考えられています。

最新の視力トレーニングとは

視力は、一般的には5メートル検眼器などで測定するランドルト環の見え方で数値を出したり、オートレフラクトメーターの測定による屈折強度などで判断されます。

しかし、視力は眼の調節機能としての力だけではありません。

視力は視覚の中のひとつであり、視覚とは単に「視る」だけでなく、「視て、理解する」ことまでを含めた言葉です。

先進的なトレーニングと言っても、外的に何かの力で治す(例えば超音波機器)のような方法では、たとえ少し改善しても、また同じ状態に戻ってしまいます。

今回紹介した最先端メソッド(ビジョントレーニング)は、自分が本来もっている眼筋の力や、脳力を活性化させるトレーニングであり、いつでもどこでも誰でもが取り組む事が出来るものです。

視力回復のプロが考案した最先端のメソッドで、昔のよく見える目を取り戻してみませんか。

楽々!視力アップマニュアル詳細レビューはこちら

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事