糖尿病網膜症 症状 治療

糖尿病網膜症の症状と治療法

読了までの目安時間:約 7分
糖尿病

生活習慣病のひとつとして、様々な合併症を起こすやっかいな病気が糖尿病です。そして、糖尿病は目にも深刻な症状を引き起こします。

実は、全糖尿病患者の5人に1人が病状の悪化により失明もしくは失明寸前の状態になっているのです。

このような糖尿病が引き起こす、失明率やリスクの高い糖尿病網膜症の症状と治療法について解説します。

糖尿病網膜症とは

糖尿病になると、インスリンが作用せず、ブドウ糖が有効に使われずに血糖値が高い状態になります。これにより、血中のブドウ糖が増え、血管を詰まらせたり、コブを作ったりして血液の流れが悪くなります。

血液によって運ばれる酸素が不足するため血管がもろくなり、物を見るために欠かせない網膜の毛細血管が眼底出血して、やがて視力が低下します。これが「糖尿病網膜症」と呼ばれる症状です。

自覚症状がない

この病気がやっかいなのは、ほとんど自覚症状が表れない事です。10年以上経たないと症状が発生しない場合も多く、本人が自覚する頃にはかなり悪化しているケースが多いです。

単純網膜症

糖尿病網膜症は段階を踏みながらじわじわと進行していく病気です。「単純網膜症」と呼ばれる初期段階では、まったく自覚症状がなく、視力低下も日常の不自由さもありません。

しかし、眼球内では、眼底の網膜に糖尿病の影響が確実に表れはじめています。

毛細血管や神経への影響

糖尿病にかかると、全身の血管や神経に支障が生じてくるのですが、目においては毛細血管が張り巡らされている網膜が真っ先に高血糖の影響を受けてしまいます。

血中の糖度が高い血液は粘着性が高く、どろどろした血液であるために流れが悪くなり、さらには毛細血管の壁を脆く細くしてしまうのです。

白斑やコブができる

もろくなった毛細血管からにじみ出た血液が網膜に染みついて白斑という斑点ができたり、あちこちで点状出血と言う小さな出血が表れたりします。

また、毛細血管にコブができるようになり、これらによって血の流れが悪くなったり、詰まったりする症状が表れ始めます。

前増殖網膜症

単純網膜症の次の段階として現れる症状が「前増殖網膜症」です。この症状になると、さらに網膜の血流が悪くなり、酸素不足や栄養不足などの病状が表れます。

網膜の血管も更に弱くなり、点状出血と白斑がいっそう増えてきます。

網膜浮腫

この段階になると、静脈が異常に腫れて毛細血管の形が不規則(異常血管)になることや、血液成分が網膜内にたまって腫れる網膜浮腫と呼ばれる症状が発生することがあります。

ただ、この段階まで病状が進行しても、まだ自覚症状は見られない場合の方が多いです。

増殖網膜症

さらに病状が進行すると、「増殖網膜症」という失明する可能性が極めて高い危険な状態になります。

この段階では、毛細血管が酸欠状態を補う為、虚血部分に酸素や栄養分をなんとか送り込もうとして「新生血管」がたくさんつくられ、網膜から硝子体にまで伸びていきます。しかし、この血管は大変もろく、すぐに出血してしまいます。

視力に大きな影響を与える

新生血管が破れてしまうと、網膜の表面や硝子体に出血が広がって硝子体出血となり、飛蚊症などの症状を引き起こします。

さらに、視力に大きな影響を与え、視力低下や視野の障害などの病状が表れます。

増殖膜

また、新生血管の周囲には膜状の組織である「増殖膜」が作られるようになります。

増殖膜は成長過程で収縮する性質があるのですが、新生血管を茎として網膜に付着している為、増殖膜が収縮することで引っ張られ、結果的に剥離してしまいます。

このような網膜剥離を起こした範囲が広がっていき、網膜のすべてが剥離してしまうと、失明ということになります。

網膜剥離については、飛蚊症と網膜剥離の違いにて解説してありますので、こちらもご参照下さい。

糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症の治療においては、いずれの症状でも血糖コントロールをきちんと行う事が大切です。

症状として現れる出血やコブ、白斑は糖尿病そのものを良くすると自然に消える事もあるので、眼科的な治療ではなく、血糖の管理も重要となるわけです。

内服薬による治療

症状が比較的軽い場合には、眼の出血を押さえる為の内服薬などを用いて目の状態を改善させる治療を行う場合もあります。

光凝固治療

網膜の血管が詰まった部分や、浮瞳をレーザー光で凝固する方法が「光凝固治療」です。

治療時間は20~30分と短めですが、この治療ではあくまで病気の進行を止める事しかできません。網膜の一部を壊してしまう為、一度下がった視力が上がることは期待できません。

硝子体手術

すでに増殖膜があり、網膜剥離が起きてしまった場合には、「硝子体手術」と呼ばれる術式を施し、剥がれた網膜を元の位置に戻し、レーザーによって出血や剥離を防ぎます。

なお、硝子体を取り除いた場合には、人工の液体に入れ替えて内部を透明にします。

眼底検査の重要性

糖尿病網膜症は自覚症状がなく発見が遅れると重病化すると解説しました。さらに、現代では病状の進行を食い止めるだけで、抜本的な解決方法はありません。

その為に、病状を悪化前に発見する為の、「眼底検査」が重要となってくるのです。

直像法と倒像法

眼底検査では、検眼鏡を使い、瞳から光を入れて見る「直像法」と、眼底に当たって反射した光を外に導き、その像を観察する「倒像法」の2つの方法が主流です。

いずれの方法でも、瞳を拡散する散瞳薬(ミドリン)を使う為、検査後数時間はピントが合いにくく、ぼやけますが、直ぐに戻ります。

ミドリンに関する注意

眼底検査などで1度使うだけでは全く問題はありませんが、ミドリンなどの散瞳点眼剤は、筋力をなくしてしまう一種の筋弛緩剤の為、連続での使用は控えて下さい。

特に、視力回復にミドリンを使う場合は、視力低下すら起こす可能性がありますので、注意が必要ですミドリン点眼を眼科に指示された時の対処も合わせてお読み下さい。

眼底検査の効果

検査により、網膜の状態を見る事が出来るので、緑内障白内障、網膜剥離や眼底出血の有無などの症状を把握する事が出来ます。

病状が悪化する前に発見、適切な処理を行うことで、完治する事が可能となります。

まとめ

糖尿病網膜症は失明率やリスクの高い恐ろしい病気ですが、早期に治療を行えば、完治は可能です。その為にも、万一糖尿病を患った場合、早急に眼底検査を行う事をお勧めします。

全糖尿病患者の5人に1人が失明もしくは失明寸前の状態にあるという事実から、決して他人事ではないという事が分かってもらえると思います。

自覚症状が無くても、病状はどんどん進行しています。どんな病気にも言える事ですが、「早期発見」による「早期治療」が非常に重要なのです。

Pocket

follow us in feedly  twitter-262

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事