視力回復

PRK ラセック エピレーシックのデメリット

読了までの目安時間:約 6分

 

レーザー手術

レーシック手術は、レーザーで角膜にフラップというフタを作ってから元に戻すという手順で行われる手術をいいますが、このフラップは様々なトラブルを引き起こします。

そこで、フラップを作らずにレーザの表面照射によって角膜の上皮を外すことで行う手術があります。スポーツなど激しい動きを行う人に適している方法ですが、リスクも存在します。

そんな表面照射手術(PRK、ラセック、エピレーシック)のデメリットを解説します。

» この記事の続きを読む


リレックススマイルのデメリット

読了までの目安時間:約 5分

 

フェムトレーザ

レーシックに代わって有望と言われて注目されているレーザー治療法が「リレックス・スマイル」と呼ばれる手術で、レーシックと表面照射手術の両方の長所を併せ持ったレーザ手術です。

レーシック、PRKやラセックなどの表面照射手術に比べ、メリットも多いですが、リスクも存在します。

そのような、リレックススマイルのデメリットについて解説します。

» この記事の続きを読む


フェイキックIOLのデメリット

読了までの目安時間:約 5分

 

ICLレンズ

角膜をまったく削らずに、目の中に眼内レンズを入れる事で、視力矯正を行う方法があります。その中でも注目されているのが、「フェイキックIOL」という眼内レンズです。

レーシックと違い角膜を削ることなく矯正を行えるので、「二度と元に戻らない」というリスクがありません。リスクはかなり少ないといえますが、いくつか欠点も存在します。そのようなフェイキックIOLのデメリットについて解説します。

» この記事の続きを読む


オルソケラトロジーのデメリット

読了までの目安時間:約 5分

 

オルソケラトロジーレンズ

寝ている間だけコンタクトレンズを使用すれば、昼間はメガネもコンタクトも不要。裸眼で遠くが見える。そのような視力矯正法がオルソケラトロジーです。

レーシックの様に近視そのものを矯正する方法ではなく、角膜そのものを削ってしまうことは無い為、比較的リスクの少ない矯正法ですが、リスクがゼロと言うわけではありません。そのようなオルソケラトロジーのデメリットについて解説します。

» この記事の続きを読む


レーシックでの視力回復

読了までの目安時間:約 7分

 

レーシック

レーシックにて視力回復を行おうと考える人は、以下の2点を理由にしている人が多いと思います。

  • 他の近視矯正手術に比べて費用が安い(数十万程)
  • 手術が簡単で、視力の回復も早い

治療にかかる時間は本当に短く、片目10分程度で終了し、手術した翌日には通常の生活に戻ることが可能です。

手軽に行えるレーシックですが、様々なデメリットも存在します。

» この記事の続きを読む


厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事