視力回復

糖尿病網膜症の症状と治療法

読了までの目安時間:約 7分

 

糖尿病

生活習慣病のひとつとして、様々な合併症を起こすやっかいな病気が糖尿病です。そして、糖尿病は目にも深刻な症状を引き起こします。

実は、全糖尿病患者の5人に1人が病状の悪化により失明もしくは失明寸前の状態になっているのです。

このような糖尿病が引き起こす、失明率やリスクの高い糖尿病網膜症の症状と治療法について解説します。

» この記事の続きを読む


飛蚊症と網膜剥離の違い

読了までの目安時間:約 6分

 

飛蚊症

「飛蚊症」は中高年の人に多い症状で、小さな黒い点や糸くずのようなものが飛んでいるように見えることから、こう呼ばれています。

これらは老化による症状の場合が多く、病気ではありませんが、高校生などの若者が急に飛蚊症に発病した場合、網膜剥離などの怖い目の病気の可能性もあります。

飛蚊症と、視力低下や視野欠損などのリスクがある網膜剥離の違い、治療法などについて解説します。

» この記事の続きを読む


黄斑変性症とは~原因と症状~

読了までの目安時間:約 4分

 

視野のゆがみ

「黄斑変性症」は加齢などによって、網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、視野の中心部がぼやけたり、ゆがんで見える病気です。

日本では白内障や緑内障に比べると知名度が低いですが、欧米では失明原因の第1位と言われるほど患者の多い病気です。

そのような失明のリスクが高い、黄斑変性症の原因と症状について解説していきます。

» この記事の続きを読む


角膜と乱視の原因

読了までの目安時間:約 4分

 

乱視の見え方

目に光が入ってくる「入口」部分であり、眼球の一番外側を覆っているのが「角膜」になります。目に光が入る際には、ここを通る為、傷などが入ると目に悪影響を与えます。

「乱視」という言葉はよくご存知だと思いますが、これらが生じる場所が角膜であり、発生する原因が、角膜のゆがみである事はあまり知られていません。そのような角膜と乱視の原因について解説していきます。

» この記事の続きを読む


白内障の原因と症状

読了までの目安時間:約 7分

 

白内障の見え方

白内障は老人の病気と言われ、40代から水晶体が濁り始め、50代で目がかすむというケースが最も多いパターンです。

ところが近年は若年化が進む傾向にあり、20代や30代、まれに10代という年齢で発病する人も見られます。

失明の危険性まであると言われている病気ですが、この白内障の原因と症状について説明していきます。

» この記事の続きを読む


VDT症候群の症状と予防

読了までの目安時間:約 4分

 

VDT作業

現代社会において、パソコンを初めディスプレイに向かって作業をする機会が飛躍的に増えています。

こうしたVDT(Visual Display Terminal)による長時間作業で目や体や心に悪影響を及ぼすことを総称して「VDT症候群」と呼ばれています。

このようなパソコンワーカーの共通の悩みとして、社会問題になっているVDT症候群の症状と予防について解説します。

» この記事の続きを読む


緑内障とは~原因と症状~

読了までの目安時間:約 5分

 

緑内障とは

緑内障とは、視野が狭くなったり、欠けてくる病気です。基本的には10年、20年と長い年月をかけて進行する為、初期段階ではほとんどの場合、自覚症状はありません。

しかし、この病気を放置していると視野の欠損が広がり、最終的には失明につながる危険もあります。この様な重大な病気である緑内障の原因はどのような物であり、また、どのような症状が発症するのでしょうか。

» この記事の続きを読む


近視の原因とは

読了までの目安時間:約 4分

 

近視の原因

日本人は全体として視力が悪いとされています。現在では、実に3人に1人が近視と言われており、しかもその傾向は年々強まっています。

特に小さな子供の間で増加傾向が強くなっており、学校の視力検査で「視力低下」を指摘された割合は、中学校の段階で実に55%にのぼります。

このように年々増え続けている近視の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

» この記事の続きを読む


近視を治す方法

読了までの目安時間:約 4分

 

近視の治療

目に関するトラブルでもっとも多いのが「近視」でしょう。

原因には遺伝的要因があると思っている方も多いですが、近視による遺伝は5%以下いう説もあり、遺伝子ではなく、テレビ、PC作業など環境的要因の影響が高いとの説が有力です。

このような現代病とも言われている近視を治す方法について、解説していきたいと思います。

» この記事の続きを読む


屈折異常による症状

読了までの目安時間:約 3分

 

屈折異常

目のトラブルとして思い当たるのは、「近視」「遠視」「乱視」といった物の見え方に関するものが多いでしょう。

一般的に「目が悪い」と言われるこれらの症状は、角膜や水晶体というレンズの光を曲げる力が狂い、網膜にピントが合わなくなることから起こります。

このような屈折異常はどのようにして引き起こされるのでしょうか。

» この記事の続きを読む


厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事