視力回復

カラコンの怖い3つのトラブル

読了までの目安時間:約 5分

 

カラーコンタクト

カラーコンタクトレンズはファッションアイテムとして、若い女性世代を中心として普及率が高まっています。

接客業に従事する女性の95%以上が、一度はカラコンを身に着けたことがあるほどです。

若い女性とって不可欠になりつつあるカラコンですが、これらによるトラブルがあとを絶ちません。ここではカラコンの実は怖い3つのトラブルについて解説します。

» この記事の続きを読む


コンタクトのソフトとハードの違い

読了までの目安時間:約 5分

 

使い捨てコンタクトレンズ

コンタクトレンズの歴史は意外と新しく、普及し始めたのはここ50年ほどです。1951年に株式会社メニコンが実用化に成功し、一般的に広がり始めました。当時はハードタイプのみで、ソフトタイプはありませんでした。

その後しばらくして、1971年にソフトコンタクトレンズが製品化されました。そしてつけ心地の良さ等の理由で、現在ではソフトタイプを選ぶ人が大多数ですが、長所と短所があります。そのようなコンタクトのソフトとハードの違いについて解説します。

» この記事の続きを読む


コンタクトのつけっぱなしは危険!

読了までの目安時間:約 5分

 

コンタクトのつけっぱなしは危険

顔の印象を変えずに視力の矯正が行えるコンタクトレンズ。これに魅力を感じ、10代から20代の間での使用が増えており、使用率は40代以降の方に比べて3倍以上です。

手軽に利用できることができ、最近では瞳を大きく見せたり、瞳の色を変える物などの使用も多く見られます。

このように身近な存在となってきていますが、利用者が増えるにつれてレンズ装着に関する問題、その中でも特にコンタクトのつけっぱなしによるトラブルが急増しています。

» この記事の続きを読む


コンタクトのデメリット

読了までの目安時間:約 6分

 

コンタクト

10代から20代の若者の間でコンタクトレンズを使用する人が増えてきています。外見を気にする必要もなく、手軽に利用できることが要因だと思います。最近では瞳を大きく見せたり、色を変える事が出来るカラーコンタクトなども多く見られます。

このように身近になってきたコンタクトレンズですが、利用者が増えるにつれて、レンズ装着に関するトラブルも急増しています。

ここではこのようなデメリットについて解説していきます。

» この記事の続きを読む


厳選!視力回復トレーニング
サポート体制、教材内容の有効性等の要素を様々な視点で調査し、良し悪しを総合的に評価しています。 厳選 視力回復トレーニング法
カテゴリ
プロフィール

健康伝道師:さわやか仙人

(裸眼視力0.1)

「楽々!視力アップマニュアル」のトレーニングでついに0.8まで回復し、正常(正視)状態まで到達。

全ての作業が眼鏡無で可能で、裸眼で生活を送る事が可能になる。現在も簡単トレーニングで視力を維持中

このような実体験談を交え、視力回復という目標に対して、意味のないトレーニングや、「本当に効果がある」トレーニングなどの情報発信をしていきます。
人気記事